看護婦さん、ゴメンナサイ。

———————————-
看護婦さん、ゴメンナサイ。

1984年 とらばーゆ
———————————-
「看護婦さん、ゴメンナサイ。」「美容師さん、ゴメンナサイ。」という、
コピーだけの中吊りをつくりました。
これが編集長にいたく気に入っていただき、とらばーゆの仕事が始まりました。
女性の就職情報誌だった「とらばーゆ」は創刊以来ずっと
総合職(いわゆるOLさん)の求人しか載っていませんでした。
それが、看護婦、美容師、服飾デザイナーなどの
専門職の求人も載るようになった。それを告知する広告です。

「今までOLの求人しか扱ってこなかったんだから、
専門職を希望していた人にまず謝るのが筋だろう」と思ったわけです。
そして、OLさんの仕事も今まで同様載っていますというわけで、
「OLさん、ゴメンナサイ。」で締めくくったシリーズ広告でした。

電車の中吊りはゴチャゴチャしたものが多い。
だから色ベタでコピーだけの原稿にしました。
その地の色に蛍光ピンクや蛍光オレンジで提案したところ、鉄道会社からNG。
理由は、「目立ちすぎるから」だって。目立つために広告作っているのにね。
やむなく、普通のピンクやオレンジの色を使いました。
(現物の画像探し中です)

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です