頭で見るな、目だけになれ

柄にもなく、メトロポリタン美術館展に行ってきました。なんかゆっくり絵でも見に行きたいなあと思っていたとき、駅貼りポスターで思わず声を出しそうになりました。このブログのトップの写真にも使っている、フランソワ・ポンポン作のシロクマがあったのです。ボクが見たのはパリのオルセー美術館のもので、高さ2mくらい長さ3.5mくらいの大きなものでした。調べて見るとポンポンはいくつもシロクマを作っているようで、メトロポリタン美術館のシロクマは50cmくらいの小さなものでした。ちょっとガッカリしましたが、なぜかちょっとホッとしました。オルセー美術館で見た感動をそっとしておいて欲しかったんですかね。いやらしーか。

22フランソワ・ポンポン シロクマ1923年

11フィンセント・ファン・ゴッホ 歩きはじめ、ミレーに拠る 1890年

36フィンセント・ファン・ゴッホ 糸杉 1889年

3レンブラント・ファン・レイン フローラ1654年頃

100年以上も前に描かれたゴッホや350年以上前に描かれたレンブラントを目の前にすると、つい最近描かれた絵のような不思議な気持ちになりました。なんだろう、あのチカラは。

白洲正子さんが青山二郎氏に言われた言葉を思い出しながら、美術館を楽しみました。

『頭で見るな、目だけになれ』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です