ぶ厚い手帳

ぶ厚い手帳

ボクの手帳は、20代の頃からずっと、1日1ページの手帳です。1985年頃、アートディレクターの浅葉克己さんが1日1ページのぶ厚い日記帳のような手帳を使っているのを見て、カッコイイなぁと思ったのがキッカケでした。最初は、パリにロケに行ったときに泊まった、モンパルナスのホテル近くの文房具屋で見つけたQuoVadisの1日1ページの手帳。当時は日本に輸入されてなかったので、パリに住む友人から送ってもらっていました。『dimanche』が日曜日だと憶えたのもQuoVadisのおかげでした。その後、銀座のITOYAで買えるようになりましたが、1996年頃1日1ページのタイプが無くなってしまいました。

次に見つけたのが上の写真の後ろに積んであるLetts社の1日1ページのタイプ。これを2010年まで愛用していました。が、またもやこのタイプが生産中止に。毎年暮れが近くなるとごった返すITOYAの手帳売り場で、なんの迷いもなく、お目当てのお決まりの手帳をサッと取ってレジに行くのが密かな快感でしたが、手帳難民になってしまうのか?と焦りました。Googleカレンダーがあればいいか、とも思いましたが、やはり『書く手帳』がないと落ち着かない。ボクの手帳は仕事のスケジュールだけを書くためだけのものではないので、やはり手帳は必要でした。

コピーの下書きをしたり、セミナーで聞いた話をメモしたり、その時思ったことやなんか、いろんなことを書き込みます。そこで2011年から採用されたのが、MOLESKINE DIARYです。これからもたぶんずっと、1日1ページの手帳を使っていくと思います。いままでも、これからも、たぶんずっと『ぶ厚い手帳』です。

(そういえば、KTK之助くんから「なに聖書なんか持ってんの」と言われました。アーメン)

(写真のチャーリー・ブラウンのMOLESKINE DIARYは、2013年用です)

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です