見る、聴く、嗅ぐ、触る

ダイアログインザダーク

「ダイアログ・イン・ザ・ダーク(くらやみの中の対話)」というセミナーに出席しました。
———————————
ダイアログ・イン・ザ・ダーク(Dialogue in the Dark)とは、日常生活のさまざまな内容をまっくらな空間で、聴覚や触覚など視覚以外の感覚を使って体験するエンターテインメント形式のワークショップ。「DID」と略称されている。
http://www.dialoginthedark.com/
———————————
脳科学者の茂木健一郎氏は「人間の脳は『見る』ことに使われ過ぎている」と言っていた。目の見えない人は「音」や「匂い」や「手触り」に敏感だ。目の見えないその人は町を歩いていて、匂いでセブンイレブンかローソンかわかると言っていた。視覚以外の感覚が研ぎ澄まされている。いっぽう、目の見えるボクは、嗅覚、聴覚、触覚などが退化しているのではないか….。ボクの事を「健常者」と呼び、目で見ない人を「障害者」と呼ぶのは、違うんじゃないか…..。音や匂いに鈍感になったボクのほうが身障者と言えるんじゃないか….。マジョリティとマイノリティで分けることの意味のなさ…..。健常者、身障者という言葉の無意味さを痛感しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です