本田亮さんの言葉

ryohonda

サラリーマン転覆隊の隊長、本田亮さん。本田先輩が電通を去るとき、会議室でお話を伺う機会があった。そのときの言葉で一番心に残った言葉を記します。

————————————–
『持ち運べる財産を持とう。
 経験・思い出・知識・知恵・友人・体力・知力・・・・
 ケータイできる財産を持とう』
————————————–

世界中の僻地を旅した本田隊長だからこそ、カヌーで川を下りながら、本当に大事な物は何なのか、を思ったんじゃないだろうか。大自然の中で、ちっぽけな人間に何ができるのか、何が一番必要なのかを考えたんじゃないだろうか。裸一貫になったとき、その人間に何が残るか。人間力みたいなことかもしれない。人間味みたいなことかもしれない。ケータイできる財産。集めなきゃ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です