エージシュート

ゴルフをやる人なら知っている言葉、「エージシュート」。自分の年齢と同じスコアでラウンドすることをいいます。例えば72才のゴルファーが1ラウンドを72打でプレーすること。ボクみたいな100切ったり切れなかったりするゴルファーには夢のような話です。100ではラウンドできるけど100才でそれができるか?っちゅう話です。その前に100才まで生きれるのか?っちゅう話です。90なら出せるだろうけど90才でそれができるか?っちゅう話です。無理だろう… 。ボクの好きな日光カンツリークラブ(友だちがメンバーで)の食堂の壁に、そのエージシュートを達成したメンバーの名前が飾られています。よく見ると同じ人の名前が何回もでてくる。すごいなー。その人たちのゴルフの楽しみとボクなんかのゴルフの楽しみは次元が違うのかな、とひがんでみたり。ゴルフのエージシュートは一生無理なんだろうな、、、と思っていた、そのとき。

エージシュート・・・?   シュート・・・?   シュートならしてるぜ? もう14年もシュートしてるぜ? それは我がFCバッカーノのフットサルで、この年齢でもシュート決めてるぜ?と思ったのです。バッカーノの活動は今年で14年目に入ります。年間平均22回、神宮外苑でフットサルをやっている。ボクは毎年ほとんど皆勤賞的な参加率を誇っている。そのゲームで最低1ゴール、1日だいたい平均2、3ゴールは決めている。ということは、毎年自分の年齢くらいのゴールは決めているはず。それもエージシュートじゃね?と勝手に思いつきました。55才で年間55ゴール。毎回平均2、3ゴール決めていけば55ゴールは達成できる。そうだ!ボクはフットサル界のエージシュートを目指そう。60才になっても年間60ゴールだなんて、すごくね?よし、今日から数えよう。今日はFCバッカーノのフットサル、蹴り初めです。

背番号3

写真は3代目中村組の卒業生からもらった記念品のユニフォーム。3代目だから3番。今は10代目だから6、7年前の写真です。ここでフットサルやっとります。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です