カ〜ガ〜ワ〜シンジ〜

2013年3月2日プレミアリーグ第28節マンチェスター・ユナイテッドvsノリッジ戦。先発の香川真司は、リーグ戦4試合ぶりの出場でハットトリックを達成。

本田やクリスチアーノ・ロナウドが言っていた「ゴールはケチャップのようなもの。出るときはドバッとでる」はホントだった。2点目の冷静でおちょくったような、遠藤のコロコロPKのようなシュート。3点目のファーストタッチからのふわり、なんか落ち着いてプレーできてる証拠ですね。しかし、イングランドのプレミアリーグで、しかもマンチェスターユナイテッドで、ハットトリックを決める日本人選手がでて来ようとは。3点目のゴール後のスタジアムの歓声の大きさに、思わず目頭が熱くなりました。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です