Velocity #1

Velocity#表紙

Velocity#1

(自分のメモとして)

第1章 銃の前では、最強の手札も無力になる
スピーディーに進化せよ。あぐらをかいたら終わりだ。

●破壊される側ではなく、破壊する側になれ
アスリートが頂点にのぼるためには、恐れることなく自分の強みと弱みに目を向ける必要がある。頂点にのぼりつめた後も満足せずに、さらに人の意見を聞き、学び続ける必要がある。いつでも反応して動ける体勢でいること。

●最初に行う人はすばらしい。うまくやる人はもっとすばらしい。そして、その両方できるのがベストだ
市場は自分の言いなりになってくれるわけでも、妥協を許してくれるわけでも、道を切り開いてくれるわけでもない。大切なのはすべての仕事を一貫した高いクオリティで行うこと。また、良いアイデアをすばやく広めることができるデジタル流通基盤のメリットを活用すべきである。

●計れないものは改善できない
クオリティと一貫性は、収入と成長を加速させる。イノベーションは予測できない結果をもたらす。イノベーションを重視し、収入や利益と同じくらいに実験と学びを大切にする文化をつくり上げることが大切。

●動くときは、身軽に
ベロシティの動きは速い。必要なモノ以外は持たないほうがいい。持てば持つほど企業のリスクは大きくなる。機敏に、自分たちの仕事に必要なモノだけ持っていれば、新しいチャンスにすばやく反応できる。

Velocity #1
Velocity #2
Velocity #3
Velocity #4
Velocity #5
Velocity #6
Velocity #7


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です