Velocity #4

Velocity#4

(自分のメモとして)

第4章 手軽さは、正しさの敵である
言い訳を持ち込むな。

●すべては細部に宿る
腕まくりをして細部にこだわるのはカッコ悪いかもしれないが、影響力をもつのは、その細部なのである。細部まで気にすることが、違いを生む。99パーセントの人が気づかないような細かいところに、睡眠時間を削ってまで気を遣っていれば、シビアな評論家が指摘する前に問題に気づくことができるだろう。

●クリエイティビティが入り込める構造をつくろう
形だけやっているふりをするのはやめよう。決められたプロセス通りに物事を進めるのはいいことだが、 TO DO リストをすべてこなしたからと言って、すばらしい成果が得られるわけではない。僕たちは、理想と現実の「摩擦」のことを「魔法」と呼んでいる。不可能に挑むことで、驚くような結果がもたらされるのだ。

●複雑なものをシンプルに。シンプルなものを面白く
人生において価値のあることは、簡単には手に入らない。人々の暮らしを便利にすることは、あなた自身の毎日が辛くなることを意味する。本当に価値のあることをやるには、想像力とコミットメントが必要である。

●厳格さと、集中
効率またはクリエイティビティが最優先事項であるなら、ひとりで集中すべきである。他の人の意見を聞いたりすると、妨害され、希釈される。そんなことをしていたら、ものごとは進まない。

Velocity #1
Velocity #2
Velocity #3
Velocity #4
Velocity #5
Velocity #6
Velocity #7


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です