27才への年賀状

仲畑さん年賀状

———————————-
ナカムラは、
もっと、もっと、もっと、よーなる。 ナカハタですよ。

1985年 仲畑さんからの年賀状
———————————-
昭和60年元旦。仲畑広告制作所からいただいた年賀状です。1985年の正月といえば、ボクは27才。仲畑さんは37才。サン・アド仲畑チームから葛西チームになり、コピーライターとして、もがいていた頃。TCCの新人賞は、まぐれ当たりで獲ったものの、不安だらけの日々でした。その正月の年賀状に書いてあったひと言に、どれほど救われたか。どれほど勇気づけられたか。(37才で27才を気遣うあたりはさすが親分です)

この年賀状はいまだに大事に取ってあります。ちょっとした手書きのひと言が、こんなにもこころに沁みる。ボクも年賀状には手書きでひと言、書くようにしています。これほどのパワーは出せないにしても、何かを伝えるために書くようにしています。若い頃は年上の方への年賀状に腐心していましたが、最近は年下へのひと言を丁寧に書くようにしています。ボクが勇気をもらったように。だって、ホントにうれしかったんですよ。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です