晴れた。

一番搾り晴れた

———————————-
晴れた。

キリン一番搾り。

1992年元旦 キリン一番搾り 
———————————-
これ、何だと思います? 元旦の新聞15dなんです。ボクにとって元旦の新聞15dはあこがれの舞台でした。新聞広告が元気だった頃、元旦の新聞広告には力作が多かった。そのステージに立てることはとても名誉なことでした。そしてこの、アッケラカンとした一番搾りの広告。よく見てください。商品カットもロゴもありません。いつもの筆文字と富士山の絵。そしてちょこんと緒形拳さん。一番搾りという商品からの年賀状のような15d広告。その当時、一番搾りという商品がよく売れていて、そうとう勢いがあったから、こんな広告が実現できたのだと思います。一番搾りのCDだった、故・高梨駿作さんは、これが実現できたことをとてもよろこんでくれました。この15dは高梨さん自慢の一作でした。飲みに行くたびに「商品カットもない。商品のロゴもない。ただ晴れた!としか言ってないビールの広告なんて、もうできないぞ、ナカムラッ」

マーケティング調査からはつくれない広告だと思います。元旦のご家庭にぶあつい朝刊が届く。いろんな企業が「夢」とか「未来」とかできない約束をならべている。そんな中で、どんな年賀状が届いたらうれしいだろう、気持ちがいいだろう、と考えてつくりました。ごちゃごちゃ言わずに、元旦→快晴→ビール→一番搾り→今年も!でいいじゃないですか、という15dでした。日本晴れとまではいきませんでしたが、なんとか晴れた元旦でした。

追伸1:雨や曇りだったらどうしたんだろ? ま、心が晴れていればいいんですっ!心が晴れた人に一番搾りはうまいんです!ってプレゼンしたのかもしれません。

追伸2:いつも自分のことばかりしゃべってしまってすいません。一番搾りのグラフィックチームのスタッフをご紹介します。ADはドラフトの宮田識(さとる)さん、デザイナーは石崎路浩さん。そして筆文字や絵を描いてくださっているのが伊藤方也(まさや)さんです。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

晴れた。” への1件のコメント

  1. ピンバック: 晴れた…サン・アドから電通へ③ | ぶ厚い手帳:コピーライター中村禎の場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です