樹木医 塚本こなみさんの言葉

明治神宮

—————————-
人生は一本の線ではない。

一日という点が連続して一本の線になる。

樹木医 塚本こなみ
—————————-
NHKプロフェショナルの「言葉」特集。樹木医という職業の女性の言葉。充実した人生を送るには、充実した一日を何日送れたかで決まるのかと。年を追うごとに月日の経つのが早く感じる。今年ももうあと3カ月ちょっとか、とか思う前に、今日一日を一所懸命やるしかない。

若い頃、「必ず手に入れるものリスト」というものを書いていた。そこには「コピーライターの名刺」とか「TCC新人賞」とか「自動二輪の免許」とか。「皮ジャン」とか「○○さんに会う」とか。これからやりたいこと欲しいもの、大小ごちゃまぜに書いていて、それをときどき見ながら、今やるべきことを見失わないようにしていた。

また、書いてみよう。「必ず手に入れるものリスト」があれば、一日一日をもっと大事に生きていけるんじゃないかな、と。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です