一番カッコ悪い言い訳

カッコ悪い言い訳

——————————
『時間がなかった』は
  一番カッコ悪い
  言い訳だよ。

  宣伝会議賞
——————————
何年か前の、宣伝会議賞応募促進のために書いたコピーです。
審査員何人かが色紙に書いて、都内の何カ所かの書店にPOPとして飾られました。

WEB応募になる前、深夜の郵便局に段ボール箱で応募した中村組2代目の金井秀徳くん。すべての課題企業のコピーを書いて、ほとんどの課題で一次通過をしていた3代目の石田潤くん。たくさん名前が並ぶ通過者のなかで自分の名前を見つけやすいように「ん。」という名前で応募した初代新免弘樹くん。(その後、真似する人が続出してペンネームは禁止された。新免はその先駆者だった)ここ何年か、宣伝会議で発表される一次審査通過者、二次審査通過者のリストから中村組OBの名前を探すのが密かな楽しみになっています。拡大コピーを取ってマーカーで印をつけていく。卒業してしばらく会っていなくても、フルネームの漢字は覚えていて「あ、アイツ、頑張ってるな」という名前に出会えるのはとてもうれしいから。

一本でも多く、締切ぎりぎりまで粘って書いて欲しい。その気持ちを伝えたかった。コピーライターになりたいと本気で思っているんだったら、チャンスの前髪は自分で掴みに行くはずだから。でも、「仕事が忙しくてサ」と出さなかった言い訳をするヤツがきっとでてくる。そんな弱虫をなんとかしたくて書いたコピーでした。

名古屋の宣伝会議の講義に行った時。CCN(コピーライターズクラブ名古屋)の審査会に東京から来ていた女の子が寄って来て「中村さんのおかげで宣伝会議賞の企業賞、もらえました。ありがとうございます」と言う。ボクは「ん? どんなコピーだっけ?」と聞くと、エステティックTBCで「元彼に会いたい」というコピーだという。「あ、それ覚えてる。ボクもいいと思った。入れたよ、よかったね」というと、「そうじゃないんです」と言う。その彼女は宣伝会議賞の締切の前日、たまたま本屋でボクの書いた色紙を見たんだという。

『時間がなかった』は一番カッコ悪い言い訳だよ。

そのとき、忙しさを理由に応募してなかった彼女は、このままじゃイカンと思い一晩でコピーを書いて応募したというのです。そして受賞した。「あのコピーのおかげです。ありがとうございました」 ホント?やたっ!うれしー!コピーが人を動かした! まさに想像したターゲットに完璧に刺さったわけです。コピーを書いて、クライアントから「商品、売れましたよ」と言われるのもうれしいし、広告賞をとりましたというのもうれしいけど、「私に刺さりました」という本人に会えることほどうれしいことはないな、と思いました。

宣伝会議賞の締切がもうすぐです。チャンスをつかみたいコピーライターの卵たちに、もう一度、このコピーを贈ります。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

一番カッコ悪い言い訳” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です