…出社は明日から。

KDDI表紙

———————————-
10月1日、KDDI スタート。出社は明日から。

2000年 KDDI
———————————-
2000年10月1日、国際電話のKDDと国内電話のDDIと携帯電話のIDOとが合併して、NTTの対抗軸としての新しい会社、KDDIができました。その日の朝刊新聞15dです。ほんとは、コピー、ドカ〜ンといきたいところなのですが、その年の10月1日はあいにく日曜日。朝、ビックリする広告を見ても会社でみんなと会わないので話題になりにくい。そこで、これから始まる一連のKDDI合併広告シリーズの静かな表紙にしようとなりました。一見コピーがなんにもないように見えるでしょ。でも、細かい所を見てほしい。ロゴタイプのテープのようなものが貼ってあります。これも新聞によって位置を変えてあるんですが、よくみると「Designing The Future」という英文のスローガンがあります。(これは最初から決まっていて、入れなければいけなかったので入れました)その下にも英文がチョロチョロ書いてます。よく見ると、ローマ字です。
———————————-
Designing The Future

SUROGAN MO DAIJIDAKEREDO
JIKKOUSURUNOGA ICHIBAN DAIJI.

スローガンも大事だけれど、実行するのが一番大事。
———————————-
ここまで読んでくれた人は少ないと思います。でもいいんです。これから何回も出てくるロゴですから、ある時気づいてもらえれば、笑ってもらえる。ここに気づいた人が友だちに「あれ、ローマ字なんだぜ」と誰かに話してくれれば最高です。当時はTwitterとかなかったけど、あったらもっと面白かったかも。笑ってくれて「この会社、なかなかオモロイな」と思ってもらえれば大成功です。こういう「シャレ」にOKを出すセンスの会社なんだということをわかってもらえます。

そして、一番下のスペース。ここにコピーが入っています。
———————————
10月1日、KDDI スタート。出社は明日から。
———————————-
新聞を広げて、なんじゃこりゃ、となって「KDDI」という社名だけが目に入る。新聞だから手元を見る。すると下になんか書いてある。そこを読む。という計算でした。10月1日はいろんな会社の合併広告がでます。その中で一番目立たないと出す意味がない。逆にその日目立てば、これから始まるシリーズの表紙になると思いました。

クリエーティブ・ディレクターは佐々木宏さん(現在シンガタ)、アートディレクターは水口克夫さん(現在ホッチキス)、そしてデザイナーは沢田真くん(電通)。このグラフィックのシリーズは、コピーも好き勝手言ってスゴイんですがw、デザインのチカラが大きかったシリーズだと思っています。

…出社は明日から。
がんばれNTT がんばるKDDI
No.2だからヤンチャできる。
つまんない広告を…
スローガンより実行せよ。
日本で二番手でも…
ジョニーって誰よ。
…わけが違う


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です