水のような、血のような。

水のような血

宮本輝の文章作家 宮本輝氏の言葉

——————————————
水だと思って飲んだら
血だった、と
そういう文章を書きたいんです。

何気ない日常の
さらさらっと始まって終わる
水のような文章。
あとで読んだ人の中で化学反応を起こし
こんなすごいことが秘められていたのかと
そういう小説を書きたいですね。

                           作家 宮本輝
——————————————
う〜む、わかったような気もするが、
理解できていないような気もする。
平易な言葉で書かれているんだけど、
言っていることは深い、重いということか。

あ、阿久悠作詞憲法15条の中のこれは
同じ事を言っているのではないか。
——————————————
■第5条
個人と個人の実にささやかな出来事を描きながら、
同時に社会へのメッセージにすることは不可能か。

                                        阿久悠作詞憲法より
——————————————
違うか…。

理解できたとしても、すぐに書けるわけではない。
だけど、こういう文章を書きたい、と思うことはが
書けるようになるひとつの道かもしれない。

『錦繍』は昔、読んだなぁ。
また宮本輝を読んでみるか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です