吉田△

kamohura(カモフラ柄の色が出にくかったのでカラー調整した写真です)

吉田カバンのポーター。タンカーというシリーズが30周年ということでカモフラージュ柄の限定商品を発売していました。ここ最近とくに、カモフラージュ柄に目が行ってしまうボクとしては見逃すことはできません。カモフラージュ柄なので目立ってはいけない柄なんだろうけど、ボクの目には「あ、カモフラだ!」とつい欲しくなってしまう。ポーターのタンカーというシリーズはボクもいくつか愛用しています。同じものを2回買ったりしたこともある。もともと「限定商品」という言葉にも弱いのですが、カモフラージュ柄(とくに黒とグレーの)に弱いんです。

で、今回お話したいのはボクの趣向の話ではなく、吉田カバン店さんの企業姿勢に感銘を受けた、という話です。

http://www.yoshidakaban.com/tanker30th.html

そのカモフラ柄の商品カタログのページを見ていたら、それぞれのバッグのディテールの拡大写真が載っていて、とても丁寧なカタログになっている。そこになんと、「*経年変化サンプル」と題して、古くなったときの写真もアップしているのです。ふつう商品カタログや広告では新品の一番キレイな状態で見せるのがいままでの常識だったと思います。しかし、吉田カバン店は違う。経年変化してクタッとしたときの写真も堂々と見せて、「ウチの商品は長く使っていただきたい商品です」と胸を張って言っている。実にカッコイイ。(吉田サンカッケー、です)こういうところに「企業姿勢」が見えるのですね。いいことしか言わない企業広告を打つのではなく、企業の本心はこういう細部に現れるのだと思いました。

102923_db45102932_dm77102932_dm85102936_dm70

「ただ古くなるんじゃない。使い込んだ味が出るんです、ウチの商品は」という商品へのプライドを感じます。商品のWEBカタログに「*経年変化サンプル」を載せようとした決断が、一番の企業広告になっている。もう一個、買っちゃおうかな。

ポーター2

■一番右上が最初に買ったウエストバッグ。MTBのダウンヒルの時などに使って転んで、ボタンの塗装が剥げてぼろぼろ。いまは自転車のメンテナンス用具入れにしています。
■その下が同じもの、2代目です。旅行などではポーチとして使い、ふだんは通勤バッグの中の貴重品入れとして使っています。
■真ん中の正方形みたいなバッグ。これも旅先用の小物入れとして。
■左の黒いドキュメントケース。これはタンカーシリーズではありませんが、iPad入れとして使っています。
■右下が2WAY WAIST BAG。これ、けっこういろいろ入るんです。500mlのペットボトルも折り畳み傘も。旅先には便利です。
■左下。これが問題の黒のカモフラです。その右のオリーブ色と同じカタチです。どうするのか?と妻に言われました。カモフラはふだん使いに。オリーブ色はMTBとかに乗って汗かいたりする時専用にと。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です