新しい日本を見せよう。

 

KIRIN新しい日本を
————————————-
新しい日本を見せよう。

2014年  KIRIN 
————————————-
このコピーは2014年の元旦の新聞広告、では(残念ながら)なく、昨年暮れに日本サッカー協会で行われた「サッカー日本代表2014年活動計画発表記者会見」で公式に発表されたKIRINからのメッセージです。この言葉は、すべてのカテゴリーのサッカー日本代表チームに向けた言葉であり、代表を応援する私たちサポーターへ向けた言葉でもあり、代表を支援するKIRINという企業に向けた言葉として書きました。

このプレゼンは、とても気持ちのいいものでした。このコピーを気に入っていただけたのはもちろんうれしいのですが、このコピーに至るまでの気持ちを書いた文章に同意いただき、社長にもとても気に入っていただけた。それがうれしかった。以下、そのときの文章です。

——————————-
2014年はサッカー日本代表が新しい世界へ挑戦する年です。
今までで一番強い日本代表を見せる時が来ました。
そこで、日本代表を支援する
オフィシャルスポンサーKIRINグループは、
新しいサッカーコミュニケーションのために、
ひとつの言葉を掲げます。

「新しい日本を見せよう」

新しい日本の「サッカー」を見せよう。
新しい日本の「フェアプレー」を見せよう。
新しい日本の「声援」を見せよう。
新しい日本の「心意気」を見せよう。
そして、私たち社員一同も、
新しいKIRINを見せよう、という覚悟です。

なぜKIRINは、サッカー日本代表をサポートしているのか。
サッカー日本代表を販売促進に利用するためか? 答えはNOです。

私たちKIRINはただ飲料をつくるだけの企業ではなく、
人々に歓びの場を提供する企業でありたい。
そこにKIRINの価値があると考えています。
KIRINは、サッカー日本代表を支援することで
多くの人と歓びを共有できる場をつくりたいのです。

サッカーで日本を元気にしたい。
そのために私たちKIRINグループは、
全国の日本代表ファンとともに、サッカー日本代表を支援します。

KIRIN LOVES SOCCER 2014

日本代表チームのみなさん全員と、 私たち日本代表サポーター、
全員の合い言葉は 「新しい日本を見せよう」です。
——————————-

昨年からサッカー日本代表を応援するサポーターたちの集いに、何回か参加しています。ブラジルへ行くための集会も。その後に懇親会などがあるのですが、そのときの飲み物がKIRINじゃないんですよ。みんなサッカー日本代表が大好きで集まっているのに、そのサッカー日本代表がまだ人気のなかった時代からサポートしているのがKIRINなのに・・・。KIRINはボクらと同じ(ボクらより先輩の)代表サポーターなのに・・・。そこで飲むビールは当然KIRINでしょ、とボクは思うのですが、みんなは全然気にしてないみたい。それが現実なのかなぁ。

しかしボクは個人的にもそこをなんとかしたいと思っています。ふだんはスーパードライ派でもいい、プレモル派でもいい。だけどブルーのユニフォームを着た時はKIRINだよな、と思ってほしい。そのために広告をガンガン打つというのではなく、なんか「行動」で「自然と」そういう流れにならないものかと思案しています。

サントリーの社員の人がサッカー日本代表を応援するときだけはKIRINを飲むことにしている。そんな人がいたら・・・ボクはステキだなと思うんですよね。

関連記事 後藤健生氏の予言

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

新しい日本を見せよう。” への4件のコメント

  1. ピンバック: 【今日のピンバッジ②】JFA1996と2009 | ぶ厚い手帳:コピーライター中村禎の場合

  2. ピンバック: 【今日のピンバッジ②】日本サッカー協会1996と2009 | ぶ厚い手帳:コピーライター中村禎の場合

  3. ピンバック: 【今日のピンバッジ②】日本サッカー協会1996と2009 | ぶ厚い手帳:コピーライター中村禎の場合

  4. ピンバック: 【今日のピンバッジ#02】日本サッカー協会1996と2009 | ぶ厚い手帳:コピーライター中村禎の場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です