ROAD TO BRASIL ④ブラジル財布

ブラジルW杯はすでに始まっている ROAD TO BRASIL ④

村上アシシさんがつくってくれたfacebookグループ「ブラジルW杯現地参戦組」には本当に助けられています。チケットのこと、移動手段のこと、それぞれの開催都市のこと、そして治安のことなど、多くの参加者同士が知見をシェアしながら、助け合いながら情報交換をしています。facebookのある時代のワールドカップでホント、よかった。その中の心配事「治安」について。

必要以上に臆病になる必要はないけれど、できる準備はすべてやっておこうと思っています。せっかく大好きなブラジルに行って、イヤな思い出はつくりたくないですからね。一番心配しているのが、サポ村ツアーから離れて単独行動となるリオデジャネイロとレシフェ。サポ村ツアーに参加するナタル、クイアバは比較的治安は悪くはないらしいんですが、リオとレシフェはかなり・・・らしい。以前参加した、村上アシシさんが開催してくれた「ブラジル注意事項説明会」のメモを見返しながら日々その対策を考えています。(尊敬すべきサッカーバカたち② BRASIL 2014 参照)

究極のテーマは「何も持たない。何も盗らせない」です。
試合のない6月27日リオデジャネイロの一日。その日はあのキリスト像のあるコルゴバードの丘に行こうと思っています。観光名所です。つまり、犯罪の名所なのでしょう。そこをどう乗り切るか。ボクは「日本人小学校のサッカーコーチをしてそうな日系人のオヤジがふらっとリオの観光に来たカンジ」が目標です。服装は、ジャージの上下(基本長袖長ズボン)で、カバンは持たず、コンビニの袋に水とポンテケージョなどを入れて)

で、財布を買いました。

エルメス外側エルメス内側
①エルメスの財布(じゃなくてエルメス色の財布。byダイソー)
これはブラジルの悪いヤツにプレゼントするためのものです。50ヘアウ(レアル)か100ヘアウかを入れる。ダミーのクレジットカードなども入れようかな。襲われたら渡す財布です。これはもう何個か買っておこうと思います。100円ショップです。

スパイベルト
②スパイベルト
これは腰に巻きます。パンツのベルトの位置に巻いてバッグ部分は右腰のあたりに。でも、旅行者のウエストバックは狙われるだろうから、ここには大事なクレジットカードなどは入れません。

ディズニー袋
③ジッパー付きの袋
柔らかい布地の小物入れ。これを悪いヤツらへのプレゼント用の財布にしてもいいし。これはジャージの下に履く短パンの内側に縫い付けようと思っています。これも100円ショップです。

アシックス表 アシックス裏
④アシックスのポーチ
これは、ジョギングの時などに腕に巻くポーチです。これを「足首」の内側に巻こうと思っています。これは何度か実験しました。実際足に巻いて歩いてみました。(先日、青梅の遠足にも付けて歩いてみました)長ズボン、長いジャージの下で全然目立ちません。長く歩く場合は、足にこすれてくるのでソックスを履いた方がいいかもしれません。ここにクレジットカードなどを入れておこうかな。

ビニル財布
⑤ビニール袋
これが最強かも。ボクは両足のふくらはぎが発達しているのが自慢なんですが、けっこう広い面積のふくらはぎなんです。長いパンツを履いてハイソックスを履いて、右ふくらはぎの部分にクレジットカード、左ふくらはぎに現金を入れておく。これは先日の都内ロケで一日試してみました。まったく問題なかった。汗をかくのでビニール袋に入れておけば完璧だと思いました。

とにかく、クレジットカードや大事な方の現金は身体に付ける。盗られる前提で安い財布を用意する。カバンは持たない。荷物は現地のコンビニ袋にぐしゃっと入れる。(カメラなんかもタオルにつつんでコンビニ袋かな)

追伸:腕時計も「安いデジタルウォッチがいい」とアシシさんは言っていました。大学生のときに買ったセイコーのダイバーウォッチでいこうと思っていましたが、やっぱりブラジルのチンピラにくれてやるのは悔しい。(チンピラに盗られても笑えるものにしておけば、笑える思い出になるし)リオを歩く時は、腕ではなく足首に巻こうかと思っています。これも実験済み。ちょっと痛くなるけど。(←じゃあ持って行かなきゃいいじゃん)今日、渋谷の地下街で1000円の腕時計が売っていたから、それ買うかもしれません。

てなことを毎日考えながら、東京を歩いています。(なんて安全な国なんだ、日本は、とつくずく思う)でもなぁ・・・こんなにやっても、やられる時はやられるんだろうか・・・やられるんだろうなぁ。そんなこんなで、ボクのブラジルW杯はすでに始まっているのです。


ROAD TO BRASIL ④ブラジル財布” への1件のコメント

  1. ピンバック: だってブラジルなんだもの●総合目次 | ぶ厚い手帳:コピーライター中村禎の場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です