ROAD TO BRASIL ⑥移動の友

 

BOSE

———————————–
①成田→アブダビ・・・・・12時間15分
●アブダビ待ち・・・・・4時間
②アブダビ→サンパウロ・・・・・15時間05分
●サンパウロ待ち・・・・・5時間15分
③サンパウロ→ナタル・・・・・3時間05分(この日は39時間40分)
———————————–
④ナタル→サンパウロ・・・・・3時間30分
●サンパウロ待ち・・・・・2時間30分
⑤サンパウロ→クイアバ・・・・・2時間20分(この日は8時間20分)
———————————–
⑥クイアバ→サンパウロ・・・・2時間20分
●サンパウロ乗り継ぎ・・・・30分(大丈夫か?)
⑦サンパウロ→リオデジャネイロ・・・・1時間(この日は3時間50分)
———————————–
⑧リオ→レシフェ・・・・2時間45分
———————————–
⑨レシフェ→サンパウロ・・・・3時間20分
●サンパウロ待ち・・・・・6時間35分
⑩サンパウロ→アブダビ・・・・15時間05分
●アブダビ待ち・・・・・2時間
⑪アブダビ→成田・・・・・12時間15分(この日は39時間15分)
———————————–
飛んでる時間の総合計・・・・約73時間
空港での待ち時間総合計・・・・・約21時間
これにバス移動が加わる…。

移動時間を威張りたいわけではありません。ただ、どんだけ移動するのか確かめたくて計算してみたら、恐ろしい数字になってしまいました。空関係だけで約94時間。約4日分の時間です。で、何を言いたいかと申しますと、

(こんなに移動時間が多いのは疲れる)
        ↓
(その時間を少しでも快適に、負担を軽くすることは重要だ)
        ↓
(だから、ちょっと高いけどこれを買いましょう)
        ↓
(BOSEのノイズキャンセリングヘッドホンQuietComfort)

というふうに、自分を説得しました。どうせ買うなら「いっちゃんエエヤツ」と思ったのですが、「いっちゃんエエヤツ」は充電式リチウムイオンバッテリー採用で約25時間稼働!と唱っています。しかし、25時間ではサンパウロまでもたない・・・。どんだけ遠いんや、ブラジル。そこでお店の人が「ブラジルですか!それじゃあ単4電池1本で約35時間持つこちらのモデルのほうがお客様にはいいと思います」とひとつ安いほうを奨めてくれた。正直なカンジのいいBOSEの店員さんだった。

このBOSEノイズキャンセリングヘッドホンQuietComfort、画期的な発明だと思います。ヘッドホンの外側と内側に2種類のマイクが付いていて、騒音を感知。その騒音と逆位相の音波を送ることで騒音を打ち消す仕組みだそうです。プラマイゼロにする、ってカンジでしょうか。ヘッドホン界の行って来い、です。静寂の中なので音量を大きくする必要がなく、ヘッドホン難聴の防止にもなる。音楽を聴かずに騒音をカットするだけでも使える。ボクは自分で耳が敏感すぎるんじゃないかと思うぐらい、電車の中などの他人のシャカシャカ音が気になってしかたがない人間です。ケータイのボタン操作のピッピッとさせる音にもイライラしてしまうタイプなのです。これ、助かるわぁ。絶対、助けてもらえるわぁ。先日の出張、新幹線で初めて使ってみて感動しました。スイッチを入れると周囲の雑踏から別世界に入れる。完全な無音状態ではありません。車内のアナウンスや通常の会話の声は聞こえます。ただ、「ゴォーーーーッ」とか「シャーーーーッ」というような音は、消えます。たぶんこの「ゴォーーーーッ」とか「シャーーーーッ」がないだけで疲労が違うんじゃないかと期待しています。なにせ、73時間も飛んでるんですから。移動する時間の愉しみをつくることは大事だと思いました。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

ROAD TO BRASIL ⑥移動の友” への2件のコメント

  1. ピンバック: だってブラジルなんだもの●総合目次 | ぶ厚い手帳:コピーライター中村禎の場合

  2. ピンバック: ノイズキャンセリングヘッドフォン | MARBLE468 – マーブルヨーロッパ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です