ROAD TO BRASIL⑨リオデジャネイロの記憶

ブラジルW杯はすでに始まっている ROAD TO BRASIL ⑨リオデジャネイロの記憶

https://www.youtube.com/watch?v=vqvpbsxhgkA

Randy Crawford – Rio De Janeiro Blue

ブラジルに行くことになるなんて思ってもいなかった頃、
ボサノバやサンバもあまり聞いたことがなかった頃、
ブラジルに興味を持つキッカケのひとつになった曲があった。
ランディ・クロフォードのRio De Janeiro Blue という曲。
その頃、黒人の女性ヴォーカルが大好きでよく聞いていた。
CDを録音してカセットテープのウォークマンで聞いていた。

その中の一曲。『リオデジャネイロ』という地名がとても色っぽくて、
どんな街なんだろうと想像を巡らせていた。
そのボクがリオデジャネイロに行く。
リオでこの曲を聴きたい。

そう思って自分のiTunesを探すけど、ない。おかしいなぁ。
ボクの持っているランディ・クロフォードのCDには入っていない。
ネットで検索するとこのSecret Combinationというアルバムには見覚えがある。
しかし、自分のiTunesには入っていない。ブラジル出発直前。
あわててお店を探す。汐留のWAVE、なし。銀座山野楽器、なし。
新宿タワーレコード・・・・・ベストアルバムがありました!
Rio De Janeiro Blue、ゲット!
リオでブルーにならないためにも、
この楽曲との再会はうれしいな。

追伸:このランディ・クロフォードのベストアルバムには
他にも大好きな曲がいっぱいなんです。
●You Might Need Somebody
●Street Life
●Rainy Night in Geogia
●Almaz とかとか


ROAD TO BRASIL⑨リオデジャネイロの記憶” への1件のコメント

  1. ピンバック: だってブラジルなんだもの●総合目次 | ぶ厚い手帳:コピーライター中村禎の場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です