偶然の女神は・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「偶然の女神は、準備のできた心に訪れる」

     NHK「ザ・プロフェッショナル」より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
誰の回だったかは忘れましたが、 NHKの「ザ・プロフェッショナル」はよく見ていて、心に残った言葉をメモしていました。そして、宣伝会議コピーライター養成講座専門コース中村組のテキストというかレジュメの「こんな言葉がありました」のコーナーで紹介したものです(2007年版)。なんで思い出したかのようにここに書くか、といいますと。中村組OBから質問が来たので、返事をしたのでした。

ーーーーーーーーーーーー
【募集】コピーライターの中村禎さんが
おっしゃっていたと人づてに聞いた言葉、
「幸運の女神は、〜〜した人にやってくる」
みたいなフレーズが思い出せない。
打席に立ち続ける人だからこそ、
ラッキー安打が打てる。
みたいなニュアンスの言葉です。
誰か知っている方、コメントで教えてください。
ーーーーーーーーーーーー
「偶然の女神は、準備のできた心に訪れる」
・・・NHK「ザ・プロフェッショナル」
(2007年の『中村禎の場合』より)
のことかな? と返事をしました。

「偶然できた」とか「偶然見つかった」というと、なんか運がいいねぇとかラッキーだねぇと言われそうですが、そうじゃないということです。いまから33年ほど前、この言葉を実感することがありました。JWトンプソンという広告代理店の新入社員の営業として働き始めた頃、コピーライターになりたくて社内で活動をしていました。その一環で求人広告も探していました。そして「偶然にも」サン・アドのコピーライター募集の突き出し広告を「見つけた」。そして応募した。当時通っていた宣伝会議コピーライター養成講座専門コース岡田耕さんのクラスのみんなと飲みに行ったとき、ボク以外はみんなすでにコピーライターの名刺をもっていた彼らは、誰一人そのサン・アドの求人広告を知りませんでした。「中村は運がいいなぁ」と言われましたが、それは違うと思っていました。ボクは必死でした。必死でコピーライターへの道を探していました。だからあの小さな突き出し広告を見つけられたのだと思っています。その思いと同じことをNHKの「ザ・プロフェッショナル」の誰かさんが言っていたのです。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です