デング熱だった(のかも)

10653778_707192979364933_7287276081179234904_n

中村禎はデング熱に感染していた …(のかも)

テレビのニュースが「デング熱は高熱の後、全身に発疹が現れ・・・」と言っていた。それを見ていた妻が「昔、高熱が出て発疹がでたことがあったよね、あれ、デング熱だったんじゃない?」という。んなアホな・・・。

確かに高熱が出て深夜救急外来に行ったし、発疹もでた記憶があった。「あの発疹のとき、たしか写真撮ったはず・・・」と調べてみたら日付がわかった。その数日前、神宮外苑でフットサルをやっていた写真もでてきた。

2008年5月28日神宮外苑フットサル。

5月31日深夜、40度近い高熱が出て救急外来へ行っていた。その後発疹が出始め、
6月2日皮膚科、総合診療科。
6月4日皮膚科。
6月9日総合診療科を受診していた。
その時の診断では「なにかに感染した高熱でしょう」というくらいでハッキリしなかった。

発疹の写真も日付をみると、
6月1日、2日背中、胸部の発疹の写真。
6月3日手、足の発疹の写真(とても見苦しい写真なのでここには載せませんが)という日付・・・。

国立感染症研究所によると・・・・
『症状を示す患者の大多数は、デング熱と呼ばれる一過性熱性疾患の症状を呈する。感染3~7日後、突然の発熱で始まり、頭痛特に眼窩痛・筋肉痛・関節痛を伴うことが多く、食欲不振、腹痛、便秘を伴うこともある。発熱のパターンは二相性になることが多いようである。発症後、3~4日後より胸部・体幹から始まる発疹が出現し、四肢・顔面へ広がる。これらの症状は1週間程度で消失し、通常、後遺症なく回復する』

やっぱりボクは、デング熱だったのかもしれない。たぶん、そうだったのかも。デング熱は人から人には感染しない。だから妻にも感染しなかった。

ということは、2008年の神宮外苑にデングウイルスを持った蚊が、すでにいたということになるのだが・・・。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

デング熱だった(のかも)” への1件のコメント

  1. ピンバック: 2014年9月の目次 | ぶ厚い手帳:コピーライター中村禎の場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です