dentsuというロゴの入った手提げ袋

DENTSU手提げ

会社のビルに向かう途中。ケータイで電話しながら歩いている若いサラリーマンがいた。体育会系のがっしりした体格の男だった。でもどこかチャラい、今風な男だった。仕事の電話を終えたその男は、タバコに火をつけて歩き出した。ボクは、ややスピードを落として彼の後ろを歩いた。何かが気になったのだ。

しばらく尾行して会社のビルの近くまで来たとき、やっぱりその男はボクの予想通りのことをした。タバコを道に捨てたのだった。ふつうはいちいちタバコのポイ捨てをする人を監視しているわけではない。その男はdentsuというロゴの入った手提げ袋を持っていたから声をかけたのだった。

「それ、捨ててくんだ?」
「あ、いや・・・」
「電通の人はいつもそんなことするんだ?」
「あ、いや、電通じゃないんですけど・・・」
(グループ会社の若者かもしれない、クライアントの人かもしれない。マナーの悪いところを見られたから、とっさに、電通じゃない、と言ったのかもしれない)

(電通の人じゃないんだったら)そんな手提げ袋持ってそんなことしたら、
 この会社の人、みんなそんなヤツかと思われて可哀想じゃん」
「あ、はぁ・・・」
「今どきケータイ灰皿くらい持ってないと、カッコ悪いぞ」
と言ってその男と別れた。

見ず知らずの人には、ふつうそんなこと注意しないが(ホントは言いたいのだが)ウチの会社の社員だと思ったから、勇気を出して注意した。考えてみたら、dentsuというロゴの入った手提げ袋を持っているからといって、ウチの社員とは限らない。でも、dentsuというロゴの入った手提げ袋を持った男が、タバコのポイ捨てをする、電車の優先席に股を広げて座る、列に割り込むヤツがいたとする。それを見た人は「ああ、dentsuの人ってやっぱりエラソウね」と思うだろう。反対に、dentsuというロゴの入った手提げ袋を持った男が、妊婦さんに席を譲っている、お年寄りの手を引いて横断歩道を渡っている、外国人に道を教えている・・・なんて行動を見たら、どうだろう。「あら、dentsuの人って案外やるわね」となるかもしれない。

会社のロゴの入った手提げって何だろう・・・。伊勢丹の手提げ袋を持っていても伊勢丹の社員だとは思わない。ただ伊勢丹で買い物したんだろうと思う。新潟加島屋の手提げ袋を持っていても新潟加島屋の社員だとは思わない。「あれ丈夫だから何度も使えて便利なのよね」と思う。しかし、dentsuというロゴの入った手提げ袋はどうだろう。クライアントに何かお持ち帰りいただく時に使うには便利だし、作りもしっかりしているから何度でも使える。でもふつう、dentsuというロゴの入った手提げ袋を持っている人を見かけたら、dentsuの社員だと思うだろう。dentsuというロゴの入った手提げ袋を持って歩く人は、dentsuという看板を背負って歩いていることを忘れないようにしてほしい。考え過ぎだろうか。(だからボクは看板を背負わないで歩きます)

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

dentsuというロゴの入った手提げ袋” への2件のコメント

  1. 中村さん❗️GOOD JOB ❗️
    正しい事は、こうだと注意出来る人になりたい。

    しかし、最近は逆恨みされたりするので‥‥‥‥‥

  2. 藤田さん、ボクは昔、東横線渋谷終点の電車で、若い兄ちゃんたちが飲み物の缶を車内に置いたまんま渋谷で降りようとしたのが許せなくて「兄ちゃん、忘れもんだよ」と言ったことがあります。でも、今はもう、危険かもしれません。逆切れされて刺されるかもしれない。いろんなニュースを見てボクは、自分の身内が迷惑することなら言おう、と思い始めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です