バカボンのパパの声

バカボンのパパバカボンのパパの詩

———————————–
自分トフタリッキリデ暮ラスノダ

自分ノパンツハ自分デ洗ウノダ

自分ハ自分ヲ尊敬シテイルカラ

ソレクライナンデモナイノダ

自分ガニコニコスレバ

自分モ嬉シクナッテニコニコスルノダ

自分ガ怒ルト自分ハコワクナルノデ

スグニ自分ト仲直リスルノダ

自分ハトッテモ傷ツキヤスイカラ

自分ハ自分ニ優シクスルノダ

自分ノ言ウコトサエキイテイレバ

自分ハ自分ヲ失ウコトハナイ

自分ハ自分ガ好キデ好キデタマラナイ

自分ノタメナラ生命モ惜シクナイ

ソレホド自分ハスバラシイノダ
———————————–
フェイスブックでシェアされていた詩。赤塚不二夫さんの言葉かと思って調べてみたら、バカボンのパパと谷川俊太郎氏のコラボメッセージだそうです。谷川さんの詩を誰が読むか、と考えたのか、バカボンのパパが読むにはどんな詩がいいか、と考えたのかは定かではではありませんが。とにかく、ボクにはバカボンのパパの「声」で聞こえてきました。言葉は文字で読むものですが、そこに「ある人」の声が重なるとその言葉のチカラは何倍にもなると思います。CMの言葉もナレーターが大事なのと同じです。ま、誰が読んでも「いいコピー」であることが大前提ではあるのですが。でも、この詩は、バカボンのパパの声が一番なような気がします。文字で書いても口調がバカボンのパパですからね。これでいいのだ。

追伸:「これでいいのだ」はすばらしいコピーだと思っています。強くてやさしい。ずっと残したい日本語です。(注:ボクは個人的に、『人に伝える言葉はすべてコピーだ』と考えています。広告の言葉だけがコピーではないと考えている派なのだ)

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です