だってブラジルなんだもの【24】ひとりジャネイロ

MISS AZUL  AZUL航空をおすすめします

2014年6月26日(木)

日本を出発して16日目、今日からブラジルでひとり。今まで一緒だったサポ村ツアーの人たちと別れて単独行動になる。やや緊張。ある意味、ほんとうのブラジルが始まるような気もする。クイアバからサンパウロ経由リオデジャネイロ。クイアバ収容所を出所できるのはうれしいが、サポ村で知り合った人たちと別れるのは少し淋しい。お世話になった人たちと空港のバゲッジクレームでお別れだ。

藤井さんとの別れ収容所で仲良くしてくれた藤田さんともお別れ

ブラジルに1人といっても現地で友だちと待ち合わせはしているんですけどね。ま、会えれば、の話ですが。単独行動の時間が多くなるので、気を引き締めていかねば。

今日の目標は①無事にホテルREGINAにチェックインすること②なんとかナベさん夫婦と再会すること、この2つ。乗り継ぎのサンパウロ空港では、ブラジル16日目だが「警戒態勢マックス」を再開。慣れて来たところで油断したり、空港は置き引き等がとても多い場所だから。ブラジルから帰国する時のサンパウロ空港でやられた日本人がいる、という噂も聞いていたから。自分の方が怪しい人間として行動することにする。トイレの洗面所で自分の姿を写真に撮ったが、そうとう不気味なヤツ。こんなヤツがキョロキョロしてたら話しかけてこないだろう。これでいいのだ。

リオ到着の男サントス・ドゥモン空港の怪しい日本人

クイアバ〜サンパウロ〜リオは国内線のAZUL航空だった。前と後ろの2カ所に出入り口がある、2席2席の小さな飛行機(でも席はGOL航空より全然ゆったり)CAさんがとても美しくて、思わず写真を撮らせてもらった。憧れのリオデジャネイロが近づいて来た。飛行機の窓からリオの山々が見える。コルコバードの丘のキリスト像が見えたりしないだろうか。あ、あれはポンジアスカール(潜水艦のようなカタチをした山)じゃないか?ということは、あの辺がコルコバードの丘?リオには空港が二つある。国際空港のガレオン空港と国内線のサントス・ドゥモン空港。このAZULが降りるサントス・ドゥモンは市内に近いのでリオの街が見下ろせるはずだ。滑走路に着陸して窓から外をみると近くに高い山が見える。もしかして? ぼんやりだが山頂に十字架が見える。あれか?あれだ!そうだ、とうとうリオデジャネイロだ。

RIOの空港から山のテッペンに!

興奮は押さえなくてはいけない。バゲッジクレームで荷物を受け取ってタクシーに乗ってホテルへ行ってチェックインして、というただそれだけのことなんだけど、緊張する。だって、ブラジルなんだもの。

スーツケースと無事再会し(当たり前なんだけど)、正式なタクシー乗り場に行き、用意しておいたホテルの住所を書いたメモを運転手に渡し、タクシーに乗り込む。緊張はつづく。誰かに着けられていないか後ろを確認する。刑事ドラマじゃないんだから、とお笑いになる方もいらっしゃるかもしれませんが、聞いた話によると、空港からタクシーに乗って、市内に向かう時、交差点や渋滞でタクシーが止まるとガラスを割られてバッグを盗られたという話をきいたことがあるから。空港で観光客に目を付けてバイクで後を着け、タクシーを襲う。着けられていることがわかると運転手も赤信号で止まらないこともあると聞いた。ま、そんなことは滅多にないのだろうが、ボクの警戒態勢はマックスだった。とても疲れますわ。

FIFAホテルFIFA公認ホテルって何を公認するのだろう?

フラメンゴ地区カテーテにあるHOTEL REGINA。FIFAのOFFICIAL ACCOMMODATIONホテル。写真で見た看板のホテルに到着。507号室、無事チェックインできた。安堵。キレイな部屋、エアコン付き、シャワーは・・・・お湯がで〜る〜! 完璧だ!ブラジルの最後の4泊をするホテル。FIFAのサイトから数ヶ月前に予約して、ちょっと割高なんだけど、エアコンがあってお湯が出る、ああ、ただそれだけで、それだけで。お湯のシャワーを浴びて、思わず声が出た。「ありがとうございます!」

WiFiも快適につながる。日本で借りて来たケータイが使い物にならないので、facebookメッセージでナベさんとやり取りをする。今日の晩ご飯をナベさんご夫婦と。待ち合わせて食事をする。ただそれだけのことが大仕事なのだ。

当時のfacebookメッセージのやり取りが残っていた。
————————-
中村 禎2014/06/27 5:57PM
26日、今夜合流できるとうれしいです。今ホテルに入りました。あたりが暗くなってどうしましょうw
————————-
渡辺 伸一朗2014/06/27 6:42PM
僕たちも今ホテルに入りました。すごい渋滞です。もう少ししてからタクシーに乗った方が良さそうですね。お互いの位置関係を調べてみます。
————————-
渡辺 伸一朗2014/06/27 7:05PM
地下鉄のカリオカ駅までは来れそうですか?
そちらから進行方向前方のマラカナン方面改札に8時とか。
そこから一緒にタクシーで店へ。
それか、rua do ouvidor 41 centroの
toca do baiacu
へ直接タクシーか。どうでしょう?
————————-
中村 禎2014/06/27 7:12PM
Toca do baiacu というのが店の名前ですか?店に直接タクシーで行くほうがいいかも。
————————-
渡辺 伸一朗2014/06/27 7:17PM
はいそれが店の名前です。ブラジル料理。直接タクシーにしましょうか。8時までに着くように向かってみます。
————————-
中村 禎2014/06/27 7:22PM
20 時目指して行って見ます!
————————-
渡辺 伸一朗2014/06/27 7:24PM
了解しました!
————————-
渡辺 伸一朗2014/06/27 8:03PM
道路激混みしてます。かなり遅刻します、すみません。
————————-
タクシーでその住所に向かうも、その路地が一方通行らしくて、「ここで降りて歩け」みたいなことを言われ渋々降りる。しかし、降ろされた場所からはまだ遠く、いろんなお店の人に住所を見せて「あっちだ」「もっとあっちだ」と言われ、歩くと、さっきタクシーで通り過ぎた交差点まで来た。なんだ、さっきここで降ろせばいいじゃんか。まったく!と思いながら、そのレストランをさがす。このレストランの名前と住所を書いた紙がなければ何もできない自分。言葉はまったく通じない。逆に言うとポルトガル語しゃべれなくても文字で伝わるってことか。想像していたレストランとは違って小さな食堂で、道路にテーブルを出して食べている。周りの店もみんなこんなスタイルだった。大勢の人で賑わっている。まだナベさんたちは到着してないみたいで、BRAHMAだけ頼んで飲んで待つことにする。このまま会えなかったら・・・ということはひとまず考えないことにする。リオのセントロに近い場所。東京でいうと丸の内のオフィス街の裏道の路地。歩行者天国になった狭い路地にテーブルを出してそこで食事をする人気の場所、みたいな雰囲気だった。ビルの外壁もどことなくヨーロッパなカンジ。そうか、ポルトガルなんだろうな、と思った。(ただし、東京の丸の内と違うところは、セントロ地区はリオでも非常に治安が悪い場所らしい、ということです)

食堂レストラン中でつくって外で食べる 地元の食堂なカンジ

ナベさんご夫婦会えた!リオの晩ご飯見栄えはともかくうまかった!

ナベさんご夫婦と会えた。話すのに夢中であまり写真は撮らなかった。不思議な気持ちになった。東京で一緒に仕事をしたナベさんと初対面の奥さまと日本の裏側のリオデジャネイロの路地裏で食事をしている。知っている人に会えてホッとした反面、どこか緊張からは解放されていない部分もある。だってブラジルなんだもの。(まだつづく)

(あと4泊です。最後まで書きます。だって書き始めたんだもの)


だってブラジルなんだもの【24】ひとりジャネイロ” への4件のコメント

  1. 中村はーん、藤井とちゃいまっせ〜
    藤田でっせ〜(笑笑)

    しかし、今回のUAE戦は現地観戦してても、はがゆかったです。

    中村はーんの言うとおりサッカーは点取りゲームです。柔道みたいに判定があれば完全に日本の判定勝ちでしたね(笑笑)

    • 藤本はーん、すいませーん!直ちに訂正します、藤岡はーん。

      オーストラリアお疲れさまです。藤田はーんのあの代表応援ヘルメットがBS1に映ったときは感動しました。

  2. ピンバック: だってブラジルなんだもの●総合目次 | ぶ厚い手帳:コピーライター中村禎の場合

  3. ピンバック: きょ年の6月26日のこと◎BRASIL 2014 | ぶ厚い手帳:コピーライター中村禎の場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です