並び屋さん

ipad_accessories_large前夜、ケースは何色にしようかな、なんてこと考えていたのに・・・

iPad mini「3」の64GBは53,800円(税別)もするから、型落ちのiPad mini「2」なら32GBだけど36,800円(税別)だから、買うなら「2」にしようかな、とボンヤリ思っている人がいる。そのとき「日替わり超特価!iPad mini「3」の64GB 24,800円(税別)50台限り 展示処分品 色は選べません」とあったらどうするか? というお話。

「休日だし、家から近いから行ってみるか」「行列してまで買いたくはないけど開店前には行っとくか」と朝10時開店前の9時半くらいに着くように出かけた。電車の窓から見える近さのヤマダ電機LAVI吉祥寺店。見たくないものが目に入った。すでに人だかり。ヤバい、もう50人くらいは並んでいるかも・・・。あえて何人いるか数えずに列の最後尾につく。

チラシに釣られた自分のことは棚に上げて「どんなヒマ人が並んでんだよ、まったく、もー」と行列を観察すると、なんか違和感・・・。サラリーマン風でもないオッチャンばかりが並んでいる。しかもみんな顔見知りなのか談笑している。もしかしてこれは、業者かなんかに委託されて並んでいるんじゃないか?そんな気がした。

開店15分前。「これから整理券を配りまーす」と店員。その日はiPadの他にも、パソコン、ハイビジョンテレビ、電気炊飯器、プリンター、ひげ剃りなども超特価だ。あのオッチャンたちはきっとひげ剃りだ、炊飯器だ、ハイビジョンテレビだ。ぜったいiPadなんか使わないよ・・・・「ハイ、iPadは終了しました〜」列の真ん中へんで試合終了のホイッスルは吹かれた。

やっぱりダメか・・・。そーとー早くから並ばないとダメなのかも、とは思っていたけれど、そこまでするつもりはなかったのでそんなにガッカリしない(←負け惜しみではなく)で、行列を見て気づいたことがある。iPadっぽくないオッチャンたちはいつの間にかLAVI吉祥寺店の前に停められていた2台のワンボックスカーの中の人にその「整理券らしきもの」を次々に渡しに行っていた。やはり「並び屋」はいたのだ。(←そういう呼び名かどうかは不明)

ヤマダ電気悔しさが撮らせた一枚 「2台のクルマ」です

だんだん悔しくなってきたので、笑い話として、反省として、記録しておきます。

教訓:①特売チラシには二度と釣られない(→自分にだけお得な話なんてない) ②並び屋さんとは競わない(→勝負は、勝ちたい気持ちが強い方が勝つ) ③色も選べないiPad miniなんてダメダメ ④明日、アップルストアに行く。 以上。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です