プレゼンで使いましょう

2Q==

広告名言BOT @koukoku_bot 立派、先進、カッコいい、美しい、偉い。クライアントのほとんどは、おおむねこのようなイメージを求める。しかし、立派やカッコ良さは大声で言って伝わるものではない。他人が、心で感じて評価した上で、届けてくれるものである。(仲畑貴志)出典:http://bit.ly/agogo1

この言葉をプレゼンの企画書の表紙に。電通が競合プレゼンに勝つためではなく、電通も博報堂もADKもすべての広告屋がクライアントにプレゼンするときの表紙に使いましょう。「こんなこととっくにわかってる」クライアントもあるでしょうが、すべてのクライアントに知っていてほしいことだから。すべてのクライアントがそう思ってくれないと、広告は進歩しませんから。

 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

プレゼンで使いましょう” への1件のコメント

  1. ピンバック: 2015年3月の目次 | ぶ厚い手帳:コピーライター中村禎の場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です