新しい日本が見えてきた

ハリルJAPAN

ハリルホジッチ監督が「新しい日本を見せよう」というコピーに応えてくれました。メルシー!ホジッチ。次もシルヴプレッ。

【ハリルホジッチ監督に賛同するところ】

■先発メンバーを固定しないところ。代表23人誰が出ても同じコンセプトのサッカーができるべきだし、メンバーが変わることで個性が変わったり変化ができる。とくにW杯などの短期間の大会ではコンディションを見ながら選手を使っていかないともたない。いろんな選手を使うことでチーム全員のモチベーションを高く保つこともできる

■前への意識、スピード重視。今までは「自分たちのサッカー」とか言ってただヨコにパスを繫ぐことばかり。サイドバックにボールが出ても、結局勝負せずに後ろに戻して回すだけの日本サッカーが嫌いだった。ブラジルW杯のコスタリカなんかDFからトップへ1本のパスを通してシュートまで行っていた。あのスピード、シンプルさが日本に足りないと感じていたから

■フォーメーションを固定せず流動的に考えているところ(これはまだ実現できていないが、ブラジルW杯のアルジェリア采配に共感)ザッケローニもアギーレもやりたかったんだろうができなかった。ハリルホジッチならできそう

ああ、もっとハリルホジッチの試合を見たい。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です