心が動けば体は動く


作業療法士 藤原茂NHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』を見ていてメモした言葉。リハビリのプロフェッショナル、作業療法士の藤原茂さんの言葉です。
———————————-
機能回復しようと思って一生懸命やるときには、
全然機能回復をはかれない。
もう諦めていたのに、やりたいことを一生懸命やっていくと、
気がついてみたら
「おいおいこんなに元気になってるよ」
「今まで杖を突いて歩いていたのが、杖を置き忘れてきた」
というまでになった。
心が動けば体は動くんだということです。
———————————-
リハビリのスケジュールをこなすだけでは全然ダメで、
でも好きなことをやらせたら夢中になってやろうとする。
そうしたら、なんと動かなかった身体が動くようになったというのです。

「心が動けば体は動く」

身体は筋肉が動かすんだけど、その筋肉を動かしているのは「心」だった。

そんな藤原茂さんは、東日本大震災で被災した子どもたちの中に、自殺する子どもがいたという事実を知る。そして被災地に子どもたちの集まれる「家」をつくった。今でも被災地岩手県大槌町に(山口県から)通って、現地の子どもたちとの時間を過ごしているという。そんな藤原茂さんの言葉。

———————————-
走りながら考える。考えながら走る。
直感的にこうだと思って、とにかく走る。絶えず走る。
計算しない。心のままに動く。やらざるを得ない。
前後見境なくやらないとダメ。

ヘタに計算なんかしてたら
生まれないんじゃないんですかね。

ボクは人のためにやっているという自覚はない。
私がそうやりたい。私が楽しみたい。私が喜びたい。
私がもっと穏やかになって、生きていてうれしいと感じたい。
———————————-

「走りながら考える」

「石橋を叩いて渡る」のではなく、「石橋は叩く前に渡る」だ。
(そういえば、あの人も同じことを言っていたなぁ・・・)

そして
「生きていてうれしいと感じたい」
という最後のひと言が刺さりました。
そのために生きていることを忘れかけていました。
いい言葉は勇気をくれます。

 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

心が動けば体は動く” への1件のコメント

  1. 人が1人生きて行く事は大変な事です。
    何かに打ち込め復活できるのは素晴らしい事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です