新しい名刺ができました

新しい名刺
新しい名刺ができました。長年お世話になった電通を円満退社し、2016年4月より、フリーエージェント中村禎としてスタートする名刺です。二種類つくりました。ひとつは表「コピーライター」裏「copywriter」、そしてもうひとつは表は肩書きなし、裏「creative director/copywriter」。

代理店やクリエーティブ・ブティックのクリエーティブ・ディレクターから、コピーライターとしてのお仕事の依頼には、表「コピーライター」裏「copywriter」の名刺を。そして、広告に限定せず、幅広いお仕事でディレクションが求められるお仕事の時は、表は肩書きなし、裏「creative director/copywriter」の名刺を。この英文は、「コピーライター出身のクリエーティブ・ディレクターです」という出生証明でもあります。

その仕事によって、自分のポジションをはっきりさせたいという思いから、二種類にしてみました。「クリエーティブ・ディレクター」はいわばそのチームのキャプテンだと思います。そのチームに呼ばれたら、キャプテンは何人もいらない。この試合は「コピーライター」というポジション(例えば攻撃的左サイドバック*「コピーライターの未来は・・・」参照)で力を出します!という意思表示の名刺です。

仕事によっては「キャプテン的な動きも期待したい」と頼まれる仕事もあるでしょう。その時は、もう一つの「コピーライター出身のクリエーティブ・ディレクターです」という名刺を使う。

いずれはどちらか1タイプに収束すると思いますが、最初はちょっとこだわってみようと思いました。

デザインはHotchkissのアートディレクター水口克夫さん監修のもと、Hotchkiss若手のホープ、金子杏菜さんにつくっていただきました。いい人っぽい明朝体と、見やすい英文の書体が、とても気に入っています。ちなみに、名前の英文書体はパラティーノ、メールアドレスなどの方はオプティマ。どちらもドイツ人ヘルマン・ツァップ氏が作った書体で、ツァップさんは1mmのラインの中に文字が書けるという特技を持っていました。その特技のおかげで兵役を免れたそうなんです。(金子杏菜さんが教えてくれました) そして紙質は、柔らかすぎず硬すぎず、手触りにこだわってみました。もう、早くいろんな方にお渡ししたくてウズウズしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です