岡本綾子さんの素振り 4(リズム)


『岡本綾子のゴルフ上達指南書(日経ビジネス文庫)』

■ゴルフにおけるアンチエイジングとは

「やっぱり歳をとるとね、関節も筋肉も硬くなる。仕方ないのよね。
でもね、スイングのリズムだけは大切にしたい。
 スイングは形も大切だけど、もっと大切なのがリズム。
 リズムだけはこだわっていたい

「確かにアドレスの形、トップの位置、
ダウンスイングでのフットワークを腕の使い方。
インパクトの形。フォロー、フィニッシュ。
すべて一つ一つこうして欲しいという形はあるわね。
でもそれにとらわれてリズムがなくなってはダメね。
窮屈なスイングをしている人って本当に多いと思う」

「ボールを打つことばかりにとらわれている人。
スイングがなくなっちゃってる。
特に強く叩こうとしている人。
ボールが当たろうが当たるまいが、まずはフィニッシュまで、
リズミカルにスイングすることを心掛けて欲しい。
サーッと振り切って欲しいのよ」

「誰でもボールがなければ、伸び伸びとリズミカルに振れる。
素振りのスイングね。
だから素振りを毎日やって、
その素振りのリズムとスイングでボールを打って欲しい。

上手く打てたかどうかの結果は、どうでもいいの。
まずは、リズムとスイング。それが最も大切なの。
少なくとも私はそうしてきたわよ」

「毎日100回の素振りを半年間やりなさい。
そうすれば必ず上手くなります」

毎日素振りをやって自分のリズムをつかむ。それが大切なの。
 常にリズムを意識してそのリズムで打つわけね。
 心の中で『イチ、ニ』とリズムを唱えながら素振りをするの。
 そのリズムでボールも打つのよ。

 そうすれば強く打とうとか、飛ばそうとかも思わない。
 綺麗なスイングでボールを打つことができるわよ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■リズムとテンポ

「あのねぇ。『人のものを見て盗め』って言うでしょう?
とにかく真似すること。
『あの人はいいリズムしてるなぁ』と思ったらよぉく見る。
真似するっていうのはいい意味で大切なの。
そうすると、リズム感をわざわざ呼び起こさなくても体に移るじゃん」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岡本綾子さんの素振り 1
岡本綾子さんの素振り 2(毎日)
岡本綾子さんの素振り 3(60秒スイング)
岡本綾子さんの素振り 4(リズム)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『書斎のゴルフ』の編集者との会話。広尾の寿司屋にて。まるで自分が岡本さんから直接話しかけてもらったような有り難いお言葉。しっかり心に刻みます。
(つづく)


3 thoughts on “岡本綾子さんの素振り 4(リズム)

  1. ピンバック: 岡本綾子さんの素振り 3(60秒スイング) | ぶ厚い手帳:コピーライター中村禎の場合

  2. ピンバック: 岡本綾子さんの素振り 2(毎日) | ぶ厚い手帳:コピーライター中村禎の場合

  3. ピンバック: 岡本綾子さんの素振り 1 | ぶ厚い手帳:コピーライター中村禎の場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です