英会話ノート⑫ put

( put )
————————————–
■ Just put them on the table .   (ただテーブルに置いておけばいいよ)
————————————–
 ・ money
 ・ hand(s)  
 ・ name
 ・ water
 ・ pressure

( put )+(置くもの)+(置く場所)
————————————–
■ Don’t  pressure on me .   (プレッシャーかけないでよ)
————————————–
■ Put the wallet in the bag.   (カバンに財布を入れておく)
————————————–
■ Put your hands on me.   (やさしくして・・)

⬆映画ブレードランナーでレイチェルがデッカードに言うセリフ。
「Kiss me」と言え、とデッカードに迫られてレイチェルが「Kiss me. Put your hands on me.」というシーンがあるのですよ。
————————————–

英会話ノート⑪ tell

( tell )
————————————–
■ I mean to tell you.   (言おうと思ってた)
————————————–
■Tell me more about this place. 
(この場所のこともっと教えて)
相手に言葉で伝える ➡ tell
————————————–
・ tell a lie (うそをつく)
・ say  (言葉をただ言う)
 ・ tell  (言葉で伝える)
————————————–
■ Tell me the truth .   (ホントのことを言ってよ)
————————————–
■ Would you tell me the way to the station.   (駅までの道を教えていただけますか)
————————————–

英会話ノート⑩ want

( want )
————————————–
■ I want a bagle, please.   (ベーグルが欲しいんですけど)
————————————–
■ We have everything you would want. 
(お望みのもの、なんでも揃っています)
————————————–
・want to 動詞 ~
・want to know ~
・want to go ~
・want to see ~
・want to get ~
・want to make ~
————————————–
■ I want to know everything about you.(あなたのこと全部知りたい)
————————————–
■ I’m just joking.   (ウソやがな)
————————————–

 

英会話ノート⑨ use

( use )
————————————–
■ Can I use Japanese money ? (日本円は使えますか?)
————————————–
■ Oh ! you can use this pen. (あ、このペンを使ってください)
 Thank you. (ありがとう)
————————————–
■ Could I use your phone, please ? (電話貸していただけます?)
————————————–
■ Can I use ~ ?  
————————————–
・use word(s)
・use money
・use language
・use car
・use computer
————————————–

CEOの言葉が最高の広告コピー

出張先のコンビニでよく買うものがあります。エナジードリンクのレッドブルです。『元気出さなきゃ』という時、よく買います。エナジードリンク系は普段はあまり買わないのですが、買うならレッドブルにしています。なぜか。広告がいいから?コピーがいいから? いや、違います。ボクはレッドブルという企業が好きだから、レッドブルを買っています。

こう言っては失礼でしょうが、エナジードリンクなんてどこも大差ないと思っています。こういう「大差ない」商品を買う場合、重箱の隅をつついてその微差を自慢する商品は買いません。レッドブルという企業がやっていることに賛同するから、レッドブルを買っています。

一番最初にレッドブルを知ったのは、サッカー日本代表の宮本恒靖選手がオーストリアのザルツブルクに移籍した時。レッドブルはそのスポンサーでした。(知らなかったのですが、レッドブルはオーストリアの会社のようです)

以来、気にして見ていると、ただ人気のスポーツに広告を出しているのではないことに気づきました。マウンテンバイクのダウンヒルという(日本ではまだマイナーな)競技の大会や、ややクレイジーとも言える危険な競技大会のスポンサーをしている。いやむしろ、そういう大会を率先して主催している。ただ人気スポーツ選手の「顔」にお金を払うのではなく、そのスポーツをするボクたちを応援している企業なのです。

先日、千葉の幕張でエアレースという飛行機の世界大会がありました。これもレッドブルが開催している。エナジードリンクという商品と一直線上にあるスポーツを応援する企業。商品と1mmもずれていない、全くぶれていないマーケティングだと思いました。

2014年の手帳にメモした言葉を思い出しました。レッドブルのCEOの言葉です。これを忘備録としてブログに残しておきます。痛快です。全く同感です。

『汚い短期決戦の広告を街にバラまくのではなく、長期的な市場を創り出そうとする広告が街に増えれば、草木を植えるように街が色づくのではないか』

本当にそう思います。このCEOの言葉こそが、最高のレッドブルの『広告コピー』だと思っています。

———————————————————
レッドブルCEO デートリッヒ・マテシッツ氏

おそらくこれからの時代は、レッドブルやヴァージングループのように徹底的にマーケティングにこだわる企業か、グーグルやパタゴニアのように徹底的にプロダクトにこだわる企業しか生き残れないのかもしれません。アップルのようにプロダクトもマーケティングも完璧な企業も稀にありますが。

マーケティングと広告の意味を理解していない企業は俳優一人に億単位のお金を支払いますが、マーケティングのプロであるレッドブルは、マイナーな人たちを活用することで自分たちの価値観を世の中に伝えていきます。

汚い短期決戦の広告を街にバラまくのではなく、長期的な市場を創り出そうとする広告が街に増えれば、草木を植えるように街が色づくのではないでしょうか。

「今すぐ電話」や「○○で検索」ではなく、目に見えない価値観を伝える時代になりました。

レッドブルCEO デートリッヒ・マテミッシ氏
———————————————————

英会話ノート⑧ find 

( find )
————————————–
■ I always find something interesting in the free markets.
(私はフリーマーケットでいつも何か面白いものを見つけるよ)
————————————–
■ I found the money for a cruise. (クルーズのためのお金を稼いだ)
————————————–
■ I can’t find my baggage. (私のバゲージがないんですぅ)
————————————–
■ Where can I find ~ ?  ( ~ は どこにありますか?)
————————————–
■ Where can I find a restroom ?  (トイレはどこですか?)
————————————–
・find way(s)
・find time
・find place
・find job
・find money
————————————–

 

英会話ノート⑦ give

( give )
————————————–
■ Give me your camera. (カメラを貸して)
(*「あなたのカメラ、ちょうだい」じゃないの?取り上げられないかな)
————————————–
■ Would you give me more time ? (もっと時間くれる?)
————————————–
■ Would you give me more money ? (もっとお金くれる?)
————————————–
■ They are giving their thank and praise to God.
(彼らは神に感謝と賞賛を与えています)
————————————–
■ give + 人 + 物
————————————–
・give me money
・give me idea
・give me example
・give me time
・give me chance
————————————–

英会話ノート⑥ can could

( can could )
————————————–
■ You can wear it anywhere. (どこで着てもいいんだよ)
————————————–
■ Could I ask you some questions?  (質問してもいいですか?)
————————————–
■ Can I ・・・・? Could I ・・・・?(・・・・していいですか?)
 ・Can I have・・・・?   Could I have・・・・? 
 ・Can I ask・・・・?   Could I ask・・・・? 
 ・Can I say・・・・?   Could I say・・・・? 
 ・Can I do・・・・?   Could I do・・・・? 
 ・Can I go・・・・?   Could I go・・・・? 
————————————–
■ Can you ・・・? Could you ・・・?(・・・してもらえますか?)
————————————–
■ Can I speak to Mr.Zac, please ?  (ザックさんとお話できますか)
————————————–
■ Could you tell me what time it is ?  (何時か教えていただけますか?)
————————————–
■ What time is it ?  (何時?)
————————————–

英会話ノート⑤ be

( be )
————————————–
■ I’m visiting from Japan. (日本から来てるんです)
————————————–
■ be going to~ (~する予定です)
————————————–
■ I’m getting married. (私、結婚します)・・・近い将来を表す
————————————–
■ I’m writing an article about great place in N.Y. (私は N.Y. のすげー場所の記事を書いとるんよ)
————————————–
■ They’re getting ready to start. (ヤツらはトンズラする準備をしてやがるぜ)
————————————–
・be going
・be doing
・be talking
・be saying
・be getting
————————————–

 

英会話ノート④ will would

NHK「100語でスタート! 英会話」という番組を見た日々のメモです。

( will would )
————————————–
■ Will you send us a copy,please ? (コピーを送ってもらえますか?)

(この場合のcopyは複写のコピーなのかコピーのコピーなのか。外国人はどう判断するんだろうか)
————————————–
■ Would you pose for my camera,please ? (写真撮りますからポーズとってくださる?)
■ No problem. (いいですよ)
————————————–
■ Would you like to drop by a coffee shop ? (コーヒーショップに立ち寄っていく?)
————————————–
■ Would you like some coffee ?  (コーヒーはいかがですか?)
————————————–
■ Would you do me a favor ?  (お願いがあるんですが) favor  好意
————————————–