中村組OBから

中村組OBからうれしいメッセージが届いた。その彼は2代目だから今から12年前だが、顔も名前も憶えていた。OBになってから無料掲示板をつくったり、今はフェイスブックにグループをつくったりして、つながっていたが、しばらく連絡がなかった。その彼からうれしいメッセージが届いた。

コピーライター養成講座のOBグループだから、コピーライターにならなかった人がきっと遠慮するだろうと思い、「コピーライターになることが目的じゃないよ」と言い続けてきた。でもやっぱり、賞を取ったとか、お祝い会をやろうとかいう話の中には入って行きにくかったんだと思う。彼は、高齢者福祉関係の仕事をしていたという。介護予防運動指導員の資格を取り、車椅子も押したことも無い状態からの、ど素人介護職だったそうだ。デイサービスで介護の仕事をする中で、介護技術はもちろん、死について生きることについて深く考えるようになったという。そして「納棺士」という職業があることを知る。

映画「おくりびと」で本木雅弘さんに納棺の技術指導をしたスタッフが居る「おくりびとアカデミー」という納棺士専門の学校のオープンキャンパスの門をたたく。学費は前職からの積み立てていたお金5年分を全てを使いきった。生活は厳しくなるが、ボクの書いた2014年4月8日のブログ「自腹という覚悟」(→養成講座に自腹で通う覚悟がある人こそ、吸収する力も強い、という話)を思い出して、覚悟を決めたそうだ。

その彼から久しぶりにメッセージが来て、フェイスブックでつながった。やはり彼も「キラキラ輝いて活躍しているみんなと比べた時に自分に自信が無かった」と思っていたらしい。ボクは「コピーライターになることが目的じゃないよ」と返信した。「素晴らしい挑戦をして、素晴らしい仕事をしているじゃないか。それが一番だよ」と言った。中村組OB会に即加入させた。OB会でぜひ仕事の話を聞かせてほしい。

コピーライター養成講座中村組は、コピーの話をするが、コピーライターになることがゴールじゃないと思っている。どんな職業だろうと、専業主婦だろうと、人として相手の気持ちを思い至ることが大事なのには変わりはない。「自分がされたらイヤなことを、人にしない。自分がされたらうれしいと思うことを、してみる」というボクの座右の銘が基本になっている。

彼は、12年前の授業の言葉を憶えていてくれた。「八百屋さんだって、美味しい野菜を売ろうとしてその言葉を考えたら十分コピーライターなんだ」という話。そして彼は、「納棺士には一見、言葉は必要なさそうだが、ご家族に対しての声かけが非常に重要になる。故人と家族との最後の言葉をつなげる役割があるから、究極のサービス業と感じている」という。「中村組で学んだ言葉に対する気持ちを忘れずに闘っていきます!」とも言ってくれた。

コピーライターになって賞を取ることだけがゴールじゃない。人として生きていく上で、相手を思い至る言葉が必要ないわけがない。そんなことのヒントになる話をしていくつもりだ。と同時に、いろんな職業に就く若者たちに、少なからず影響を与えることをしているんだなぁと実感し、より一層、心して取り組まねば、と気が引き締まった。福居基、ありがとう。約束通り、一生応援するよ。

サン・アドに入れた本当の理由

サン・アド書類2

『経験3年以上』という決まり文句のあった入社試験。
「なんで未経験の僕が入れたんですか?」
入社後しばらくして、時期を見計らって社長の坂根さんに聞いてみた。

「経験者は2人決まっていたんだ。中村クンはおまけだったんだよ。
仲畑クンが『こいつも入れときましょうよ』って言うもんだから、
おまけの3人目ね」

と言われた。なんでおまけになれたのか、仲畑さんに聞いてみた。
『中村の作文が良かったのよ』
と仲畑さん。

作文のテーマは『サン・アドに入って私のやりたいこと』だった。
僕は何を書いたか今でもはっきり覚えている。
当時僕は23才。トンプソンの新入社員の営業で、
夜、コピーライター養成講座の専門コースに通っていた。
その講師である岡田耕さんのことを書いた。

岡田さんは電通の部長クリエーティブディレクターで
隣りの席に山川浩二さんという岡田さんのライバルでもある
部長クリエーティブディレクターがいた。
山川さんも養成講座の講師だった。
そしていつも
「うちのクラスからは糸井(重里)クンが出たんだよね。
岡田くんも講師やってるんだって?」
と岡田さんに自慢してきて、
岡田さんはそれがイヤでイヤでたまらなかったと聞いたことがあった。

僕は書いた。
「糸井さんみたいになる、とはおこがましくて言いませんが、
 サン・アドには中村禎というなかなかいい
 新人コピーライターがいるらしいね、くらいになって、
 岡田さんに肩身の狭い思いをさせないようにしたい」

それはハッキリ覚えている。だって、ほんとにそう思っていたんだから。
仲畑さんはその作文を読んで、
こいつを取ろうと社長に進言してくれたという。
文章が上手なのではない。
書いた中身が仲畑さんの心に引っかかったのだと思う。
稚拙な文章でも本当の本気で書いた言葉にはチカラがあるんだと思った。

2001年の春、僕がKDDIの仕事で
TCC最高賞を獲ったことは知らないまま、
岡田耕さんはお亡くなりになってしまったけれど、
中村禎という岡田クラスの生徒が、
サン・アドで最高新人賞を獲ったことは報告できた。

そして今年、
そのサン・アドでコピーライターになってから30周年となった。
当時の養成講座岡田クラスの生徒だった中村禎が、
現在の養成講座中村クラスの教え子たちから祝ってもらえたことを
岡田さんに追加で報告したいと思った。(2011年8月)

リンク元:サン・アドに内定

第52回宣伝会議賞

通過者リスト

宣伝会議コピーライター養成講座専門コース中村組の約束として、『顔と名前を憶えている限り、一生応援する』というのがある。だからまた、ことしもやってしまった、名前さがし。今年の宣伝会議賞は、52万3392点の応募の中から一次審査を通過したのは6563点。一次審査通過率1.25% 『中村組なら一次くらい軽く通らないと・・・』と言っていたけど撤回します。こりゃ至難の業だわ。一次審査員には悪いけど、いいコピーもきっと何本か漏れているとは思う。しかし、ここに残ったコピーには、賞には届かなかったものの、何かしら光るものがあって一次審査員の目に留まったコピーだ。それを書いたコピーライター、そこに応募したコピーライターをボクは讃えたいと思います。
———————————–
■118廣川洋平■214佐藤潤一郎■215佐藤文香■313立花満■315中村斉継■320松本達也?■321丸橋裕史■322宮城朝一郎■420松川亜紀■513城市俊則■601阿部希葉■602阿部裕一■701石本香緒理■702伊藤拓郎■703伊東美貴■712倉林洋輔■716柴田尚志■723野田頭弘修■801伊藤みゆき■810島田寛昭■814高橋祐司■815高山祐輔■827山本聖子■902石井 亮■904大杉陽■906大橋幸裕■912佐藤仁康■915鈴木達也■916関根祥量■919西野入慎吾?(長野?偽名で?)■925宮本真由美■1005植村明弘■1007大瀧篤■1008岡本真帆■1014菅谷敏通■1020野口拓也■1021半田智洋■1023松田彩子■1025柳元良■1101阿部亮介■1104遠藤絢子■1109岡山和也■1110奥村広乃■1111小副川陽子 ■1114小嶋千晶■1116坂本光隆■1117田村峻哉■1121松田伊久磨■1122松本 和音■1123丸山るい■1125望月一樹■1203片岡良子■1210高石幸典■1211高橋俊一■1212玉熊文乃■1213堤千明■1214鶴岡延正■1218長谷川慧■1220福本剛士■1222安藤小百合■1224森下夏樹■1226矢内そらん■1227渡邉和也
———————————–
通過者リストを拡大コピーして、マーカーで印をつけていて思ったこと。①やはりフルネームが大事。フルネームがその人の看板なんだから、ボクはそのフルネームで見つけることができるのだから。②懐かしい初代の118廣川洋平や、3代目の315中村斉継の名前を久しぶりに見てうれしかった。斉継は3代目の飲み会幹事をよくやってくれた男だ。生きてたか!③一次審査通過した顔ぶれをみると、電通の若手コピーライターより中村組のほうが多いと思った。勝ったね。④やはり、授賞式にまで来るやつは、いくつも複数名前が残っていた。中村組以外でも何度も見る名前は憶えるし、名刺をもらっても初対面とは思えない。やっぱり、ここで名前を残すことには意義があると思う。

ここに名前が残らなかった者も、ノミネートされたけど賞に届かなかった者も、その悔しさを忘れずに、来年の授賞式で会おうね!

シルバーセブン

シルバー7

宣伝会議賞コピーシルバーのコピーはまったく同じコピーを書いた人が7人もいた。このコピーは2次審査で見て憶えていた。○をつけた。賞が決まって受賞者の名前を聞いたら、その7人のうち3人が中村組だった!www 7代目柴田尚志、8代目島田寛昭、12代目高橋俊一。ある意味、教えに忠実だったともいえるし、中村組の血筋ともいえるかなw ともかく、いいコピーだと思いますよ。同じこと考えたヤツが7人もいて賞金も7分の1だけど、でもいいコピーを書いたことには違いないんだから。おめでとう!

晴れた…サン・アドから電通へ③

一番搾り晴れた1992年の元旦の新聞全頁広告

電通に来ない?…サン・アドから電通へ①
馴染めない問題児…サン・アドから電通へ②

助けてくれたのは一番搾りでした。故・高梨駿作CDがキリン一番搾りのチームに誘ってくれたのです。このチームの打合せに参加して最初に気づいたこと。それは「電通には優秀な人間がこんなにたくさんいるのか!」ということでした。クリエーティブのCMプランナー安西俊夫さんが優秀なのはもちろん知っていましたが、SP局の人間(当時はセールスプロモーション局といって販促施策を考える部署の中西謙司さん)も優秀。マーケの人間(小林くん)も優秀。なにより営業の人間(前田圭一さんをはじめとする第3営業局KIRINチーム)がメチャメチャ優秀。みんな意見が明快で、アイデアは出すわ、決断は早いわ、行動力はあるわ。とにかく「切れる」ヤツらばっかりでした。

「電通にもこんなに優秀な人たちがいるんだ」
「そうか!こういう人たちと仕事をすればいいんだ」

つまり、電通の悪い部分ばかりを見つけようとするのではなく、電通の良い部分を見つけて、そこに自分が行けばいいんだ、と気づいたのです(遅いよ!)ダークサイドばかり見ているとそっちに引込まれる。いい人を見ているとそっちについて行ける。目の前がパッと晴れました。さらにいうとこの一番搾りチーム、CMを制作してくれた菊地誠さん率いる太陽企画チームも全員ナイス、グラフィックの宮田識さん率いるドラフトももちろん優秀でした。このチームの一員になれたことで、だんだん調子を取り戻すことができたのです。(電通の営業の新人も太陽企画の制作の新人も、最初は危なげでもすぐに一人前に鍛えられていくのがわかるほどでした。チームって大事なんですね)

92蝉が鳴く好きに書かせていただいた一番搾りのコピー

そんなある日、親分の仲畑さんが食事に誘ってくれました。赤坂見附のすき焼き屋でした。

「どうや、中村。ええコピー書いてるか?」
「はい、最近一番搾りのチームに入れたので、ぼちぼちです」
「そうか、よかったなぁ。中村は時間がかかると思ってたんだ(馴染むのに)」
「えーっ!知ってたんだったら、早く言ってくださいよー!w
 電通に行ってもいいって
 仲畑さんが言ってくれたんじゃないすかー!もーw」

当時もらった、仲畑広告からの年賀状。そのなかの赤いサインペンの手書きのひと言が忘れられません。

「タダシちゃんも、調子でてきたようで、ヨカッタ。ナカハタ」

やっと馴染んできたうれしさより、親分は心配してくれていたんだということが、涙がチチョギレルほどありがたかったことを憶えています。33、4才頃のコピーライター中村禎でした。(つづくの?)

【参考】
こんなコピーを書きました●晴れた。
こんなコピーを書きました●ビール、ビールと蝉が鳴く。

リンク元 プロフィール キリン一番搾りのチーム

馴染めない問題児…サン・アドから電通へ②

築地電通ビル売却される築地本社ビル。最上階、展望室の喫茶室で遠くを眺めながらコピーを書いていた。

30才を過ぎた転校生は、なかなか電通に馴染めませんでした。岡田耕さん「電通のクリエーティブに他の血を入れることで、化学変化を起こしたい」とおっしゃっていた。ボクはそれを『意訳』しすぎたのかもしれません。『電通のクリエーティブを変えたい。刺激を与えて欲しい』と言われたと勝手に思っていました。確かにそういう目的もあったと思いますが、とにかく『変えなくちゃ』と力み過ぎていたのかもしれません。

配属先の局会で今までの仕事をビデオで見てもらうとき、唖然とすることがありました。『中村さんは、コピーライターなのにテレビCMもつくられるそうです』と紹介されたのです。当時の電通は、コピーライターはグラフィックの仕事をする人、CMはCMプランナーの仕事、という空気だった。大丈夫か?この会社・・・と思ったものでした。サン・アドではコピーライター、アートディレクター、フィルム・ディレクターの3人いればキャンペーンがつくれました。演出家がワンビジュアルを提案したり、ADがコピーを出したり、コピーライターがコンテを描いたり。それぞれが自分の職業を軸足に、マーケッターや営業や他のジャンルの守備範囲にも動きながら企画をする。そういうスタイルでボクは育ちました。版下を自分の手でつくらないデザイナー、やたらと人数が多い会議、プレゼン直前に初めて顔を見せ、ダメ出しをする営業局長・・・。何もかもがサン・アドのやり方とは違っていました。

完全なスランプ。満足のいくものが何もつくれず、新人賞以来毎年掲載されていたコピー年鑑にも、ついに何も掲載されないという事態に。さすがにこれはショックでした。当時の親分は大島征夫さん。大島さんはなんとかボクにいい仕事をさせようとしてくれていました。どんな仕事を振ればいいか気遣ってくれていたようです。そのぶん、仕事の『量』がボクには足りませんでした。何でも良いから『試合』に出たかった。仕事がヒマだからサン・アドから来たのに、電通でもヒマでした。ある日、会社の行き先掲示板に『銀座→日比谷→六本木→中目黒→NR(直帰)』と書きました。なんのことはない、東銀座から日比谷線に乗って中目黒で東横線に乗り換えて祐天寺の家に帰ります、という意味でした。そんな『反抗』をしていた問題児だったのです。今思うと、『化学変化を起こしたい』という言葉から、電通の悪い部分だけを見つけて文句ばっかり言っていた「見当違い愚痴野郎」でした。そんなこんなで2、3年。この転職は失敗だったのか、と思う日々。そして、その「見当違い愚痴野郎」に転機が訪れます。(つづく)

電通に来ない?…サン・アドから電通へ①
晴れた…サン・アドから電通へ③
同期の3人(+1)

リンク元  プロフィール  異端児

電通に来ない?…サン・アドから電通へ①

パレスホテル当時のサン・アドは丸の内1−1−1パレズビル9F

1988年。サン・アドのコピーライター中村禎くん(当時30才)は悩んでいた。若くして東京コピーライターズクラブの最高新人賞を獲ってしまった中村くんは、周りからは順風満帆のように見えていたかもしれませんが、実際本人はメチャメチャ悩んでいたのです。「中村君、売れっ子だねぇ。忙しいでしょう?」と言われるたびに困っていました。だって全然忙しくなかったから・・・。同い年のコピーライターたちもぼちぼち活躍し始めていた頃。サン・アドに入ったからには30代前半で独立してフリーのコピーライターになる、というのが当時の通常ルートでした。新人賞を獲って、ブレーンやコマフォトなどの業界誌にも取り上げられて「期待の新人」のひとりではあったものの、本人は焦っていました。「まだまだ全然経験が足りない。こんな状態ではフリーなんてとても無理だ。もっと仕事がないものだろうか」と思っていた30才。会社はなにも仕事をくれない。待っていても何も変わらない。そう思って自主プレゼンをひとりで考えたりする焦る日々が続いていました。サッカー選手も試合に出なければうまくなれない。試合に出ないとコンディションはどんどん落ちる。コピーライターも同じだと思っていました。そんなある日・・・。

電通のクリエーティブ局長だった岡田耕さんから食事に誘われました。岡田さんはコピーライター中村青年が前職のJWトンプソンの営業だったときに通っていた、コピーライター養成講座専門クラスの先生でした。「わーい、ご馳走してもらえるなんて、ラッキー!」と気楽な気持ちで待ち合わせのホテルに行きました。今はもうない銀座東急ホテルだったかな。「中村君、電通に来ない?」・・・・想像もしてなかったことを言われたのです。

正直、悩みました。サン・アドを辞めるときは独立する時だと思っていましたから。しかし、当時の中村くんは、「なんか、フリーの時代ではないような気もするなぁ・・・」とも感じていました。このままサン・アドで自主プレして経験を積めるのだろうか。このままサン・アドにいてもADナガクラくんと組める仕事は年に1回あるかないかだ。もし電通に行ったらたくさん仕事があるのだろう。その仕事をサン・アドの人たちとやったほうが早いんじゃないだろうか。いろいろ悩みながら親分に相談したのです。親分も即答はしませんでした。一緒に悩んでくれました。仲畑さんと差しで飲んだのはあれが最初だったと思います。パレスホテル地下の高級鉄板焼きの店で悩む、中村禎30才、仲畑貴志40才。いろいろ話して「電通なら、ええかもな」そう言ってくださった。そして、決心したのでした。(つづく)

馴染めない問題児…サン・アドから電通へ②

リンク元  プロフィール 電通に誘われる

同期の3人(+1)

下田一志、御倉直文、中村禎。この3人は電通の同期だ。たった3人の同期。1988年当時クリエーティブ局長だった岡田耕さんと部長の大島征夫さんは「電通クリエーティブに初めて外部から経験者を入れるプロジェクト」を任されていた。岡田さんは「電通のクリエーティブに他の血を入れることで、化学変化を起こして、もっと活気のあるものにしたいんだ」とおっしゃっていた。大阪の東急エージェンシーから下田、眞木準企画室からフリーになっていた御倉、そしてサン・アドの中村。大島さんは「君らを入れてよかった、ってことになればこの途中入社制度は続く。うまくいかなかったら今回限り」と言っていた。その後、何人ものクリエーティブ途中入社が続いているから、うまくいったんだと思いたい。ちょっと年上の下田が2月の誕生日で電通を去る。飲もうか、ということで集まった。もうひとり山田達也も。彼は電通クリエーティブクロスに途中入社で入った。4人で飲んだ。写真は1枚も撮らなかった。また会うからいいか。この4人には電通系途中入社という以外にも共通点がある。全員、FCバッカーノなのだ。‪#‎1下田‬‪#‎7御倉‬‪#‎10山田‬‪#‎21中村‬。まあ、これからも長い付き合いになるだろう。よろしくね。

夏野剛さんの言葉①

夏野さんの話

『イノベーションは摩擦から生まれる』

昔、夏野さんが役員をしていた会社で、社長が「君にはいつも議論で論破されていてくやしい」とマジで言ってきたそうだ。夏野さんは「いいじゃないですか、そんなこと。あなたは社長でいるんだから、それでいいじゃないですか」と言ったら本気で怒ってきたそうだ。大事なのは摩擦を恐れずに議論して、いい方向を見つけてそこに進んで行くことであって、誰がいいことを言ったかなんか、どうでもいいじゃないか。そんな年功序列のメンツを気にしているから予定調和が崩れなくて進化が遅れるのだ、と夏野さんはいいたそうだった。

『イノベーションは摩擦から生まれる』ということは「摩擦を恐れるな」「意見が違うことを大事にせよ」「議論を避けるな」ということではないか。会社の役員会議などで社長に「それは違うと思います」と言っている取締役はいるのだろうか。みんなが「上」の顔色を伺って、自分の保身ばかり考えている役員がいる企業はダメだ、とも夏野さんは言っていた。一番簡単な方法は、役員の半数を外部から入れることだ、とも。

『イノベーションは摩擦から生まれる』
これは以前、ボクの師匠の仲畑貴志さんが「異論を大事にする」と言っていたことに通ずる。(仲畑貴志さんの話①)藤原和博さんが「脳みそを混ぜるブレストが大事になってくる」と言っていたことに通ずる。(藤原和博さんの話)新しいこと、いい方向を発見するには、やっぱりこのやり方が正しそうだ。

———————————-
(EMC Cloud Executive Summit 2014 「企業ビジネスの成長・革新と事業継続・運営効率化のためのクラウド活用」という日経BPとEMC(企業向けクラウドを扱う会社)が主催するセミナーに行きました。夏野剛さんの「IT・クラウド戦略で変貌する社会と日本企業の未来」という講演からメモした言葉より)