ユナイテッドアローズのおさるさん

2014宣伝会議賞

いつから始めたかは忘れたけれど、中村組の子が宣伝会議賞を取ったら、軽いお祝いにユナイテッドアローズのおさるさんをあげるようにしてきた。今回の宣伝会議賞では3人のOBが協賛企業賞を取っていたので、授賞式の前に新宿のユナイテッドアローズに寄って3匹買って最終審査会場の六本木ヒルズに向かった。

●たった26文字の組み合わせで、世界は広がる。ECC(8代目名引佑季)

●キレイなおばあちゃんになるつもりだ。牛乳石鹸(8代目松田孝一)

●売れない方法も、知っています。ディーエムソリューションズ(10代目植村明弘)

待てよ? 3次審査通過に何人か中村組の名前が残っていたなぁ。もし誰か受賞したらサルが足りなくなるなぁ。幸い六本木ヒルズの中にユナイテッドアローズがあったぞ。よし、1匹追加しておこう。と気を利かせたつもりだった。ところが。最終審査が終わった会場で受賞者の名前が発表されると、なんと中村組の名前が3人も!

●CMゴールド:『何気なく間違えている結婚式のBGM』篇(11代目合田ピエール陽太郎)

●眞木準賞:走れ、親孝行。西日本高速道路(9代目古橋亮羽)

●シルバー:脚立は、脚立としての時間は短い。長谷川工業(7代目柴田尚志)

2匹足りないっ!でもラッキーだった。審査会場の森タワーを降りると1階にユナイテッドアローズがある。授賞式までまだ時間はある。あわててもう2匹捕まえに走った。宣伝会議賞の授賞式で6人もの中村組OBに会えるなんて。(正確には7人。ひとりは協賛企業のクライアントに9代目宮本真由美がいる)

授賞式に参列しているファイナリストたちは自分の名前が呼ばれるかどうか、ドキドキだったと思う。中村組の修了のときに渡したメッセージ入りのボクの名刺、秋篠寺のお守り、眞木準さんからもらった金の鉛筆・・・それぞれが「お守り」を持って授賞式に来ていたそうだ。たまたま眞木準賞のプレゼンテーターをやることになっており、教え子の名前を読み上げるという幸運。賞状の文章を読んでいる時、実はちょっと足が震えていた。(バレなかったと思うけど)

『中村組、すごいっすね』と言われると正直うれしい。ただ、ボクの教え方がいいとかそういうことじゃなくて、中村組の自慢はOBになってもつながりがあるところだと思う。常に「くやしい」とか「うれしい」を共有できるから、モチベーションが持続するところがいいんだと思っている。うれしくてその日は3次会まで行った。(ひとり、カオタンラーメンにまで行ってしまった)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です