独立記念日

独立ノート
独立を考え始めて、最初にとった行動は、ノートを作ることでした。1冊のノートに独立のためのあれやこれやを書いていこうと思って。何も書かない日もありました。しばらく放ったらかしの時もありました。ある日、これじゃイカンと締切を作ることにしました。期限がないとズルズルするだけです。自分を律するために最初のページに決意表明するのです。それがこれ。2016年8月3日に独立する。なぜ8月3日かというと、中村禎がコピーライターになった記念日だから。1981年8月3日にサン・アドに初出社し、コピーライター中村禎の名刺をいただいた日です。

「ジャングルの中のフェラーリ」というのは、ある雑誌を見ていて心に残っていた言葉です。パソコンが出始めて、まだ「パソコン通信」という言葉があった頃の言葉。「インターネットにつながれていないパソコンは、ジャングルの中のフェラーリのようなものだ」と書いてあったのです。フェラーリはサーキットのような道を走って初めてその価値がわかるもの。どんなに高性能でもエンジンを高回転で回して走らなければただの粗大ごみ。お前もそうなのか?そうじゃないはずだろ?と自分のケツを叩く言葉です。言葉は不思議なもの。書いてみただけで、だんだんそんな気になるのです。電通を退職したのは3月31日付ですが、ボクにとっての独立記念日は、今日です。2016年8月3日、コピーライター中村禎、35周年。初心に戻る日です。

独立ノート02
(偶然にも、このノートを書き始めた日が、2013年8月3日とありました。やはり、僕にとって大事な日です)

「心の手を抜かない人」永六輔さん

永六輔さん

永六輔さんを悼む瀬戸内寂聴さんの言葉。

永さんを一口で言えば、誠実な人。
仕事にしても何にしても、心のこもったことをする人。
心の手を抜かない人でした。

そういわれる人になりたいと思います。
「心の手を抜かない人」という言葉に打たれました。

その後、とあるテレビ番組で永さんの追悼をしていました。
そこで永さんの映像が流れていた。
「上を向いて歩こう」の詞について語っていた言葉をメモしました。

涙がこぼれないように
とにかく歩こうという状況が
日本のいろんな環境の中で
繰り返されてきたんじゃないか
日本人ってどこか涙ぐみながら
それでも歯食いしばって進んできた
戦後50年だったんじゃないかなって
気がしますね。

永六輔さんの「大往生」をもう一度引っ張り出して読もうと思います。合掌。

インクの染み込み方

白土さん原稿用紙

電通でお世話になった先輩と飲んだ。独立のお祝いに、と作家が愛用する原稿用紙をいただいた。「万年筆のインクの染み込み具合がすごくいいのよ」と原稿用紙をいただいた。書いてみた。本当だった。字は毎日書いている。正しく言うと、打っている。打っているけど書いてはいなかった。紙にインクが染み込む感触なんて、どれくらい久しぶりだろう。万年筆は使っているけど、こんな染み込み方は味わったことがない。ありがとうございました。

ボクは電通で、こういう先輩たちに恵まれてきた。ありがたいことです。今度は後輩たちに、この有難さをパスしていかねばと思った。

自分のカラダが、本社ビル。

 

フラットアイアンビル(モノクロ) ニューヨーク5番街にあるフラットアイアンビル(1902年竣工)昔、仲畑さんの事務所にこのビルの写真が飾ってあって、ずっと気になっていたビル。まだ本物は見たことがありません。このビルの角の部屋からはエンパイアステートビルが見えるようです。

フリーエージェントになって、次の打合せの場所に移動している時、会社員だった頃の自分とは何かが違うぞ、と思ったことがありました。それは「孤独」とかではなく、むしろ楽しい気分で歩いている自分がいる。そうか、今歩いているこの自分が会社なんだ。自分自身が会社なんだ。自分の体が本社ビルで、今、ビルごと移動しているのだ、と感じたのです。そうか、自分のこの身体が本社なんだ。

そう思うと、フリーエージェント中村禎の本社ビルですから、背筋もシャキッとするし、お腹も凹ませて歩くし、眉間にシワもなく、穏やかな表情で口角を上げて颯爽と歩きます。身だしなみにも気を配ります。薄汚れた本社ビルでは仕事の依頼も来ないかもしれないし。ビルメンテナンス、大事です。本社ビルが老朽化でしばらく工事中、なんてシャレになりません。上下水道、電気、WiFi環境、空調、防犯、耐震性(?)ビルの健康問題にも細心の注意を払う必要があります。

考えてみれば、スポーツ選手も同じかもしれません。たとえばインテル・ミラノの長友佑都選手。インテルというチームに所属して「給料」をもらっている「会社員」と言えなくもないけど、ある意味「個人事業主」です。自分の身体の手入れを怠らず、常にトレーニングや練習で自分を鍛えてその身体の性能を上げる努力をしている。試合に出られなければ「会社」を「クビ」になる。インテル長友選手も「長友佑都」という本社ビルの性能に磨きをかけているのです。見習わねば。自分のカラダが、本社ビルだから。

【今日のピンバッジ#13】赤い羽根共同募金


【今日のピンバッジ#13】赤い羽根共同募金

第7回赤い羽根全国ミーティング「じぶんの町を良くする会議」に参加するため、宮城県松島に向かいます。以前から10月の募金時期だけ胸に針のついた羽根をつけるより、ピンバッジのほうがいいなぁと提案していたら、ついにできました。言い続けるもんですね。

「じぶんの町を良くするしくみ」というコピーは、ずいぶん前に白土謙二CDと一緒にお手伝いさせていただいたときのコピーです。長く使っていただいてるコピーです。

もしもFIFAの会長だったらシリーズ③

後半アタマ

【もしもボクがFIFAの会長だったらシリーズ③】選手交代の人数:
選手交代の人数が1試合3人まで、というのは少なすぎると思う。理由は、もっとサブのメンバーにもチャンスを、ということと、疲れていない選手のプレーをもっと見たいから。両チームで6人、6回試合が中断することを避けたいのだろうが、GKの交代枠を残すことが多いし、実際はボール・デッドになった時(スローインやコーナーキックでゲームが止まる時)だから、そんなにロスタイムにはなっていないと思う。

で、提案。試合中の選手交代は、GKを除いて3人まで。(つまり3人交代させた後、GKが負傷しても交代できる)そして、後半アタマから入る場合は、その交代枠とは別に2人交代できることとする。後半アタマから入るので、時間のロスはないから。

フィールドプレーヤーが5人替わる。W杯やオリンピックなど過密日程の大会では、選手の疲労も考えて、そして先発メンバーだけじゃなく、代表選手全員で戦えたほうが選手たちも幸せなんじゃないかと思うので。

【もしもボクがFIFAの会長だったらシリーズ①】新ルールの制定:
【もしもボクがFIFAの会長だったらシリーズ②】主審の判断:

豚もおだてりゃ・・・

シャーペン長年愛用しているモンブランの0.92mm、2Bのシャープペンシル。亡くすと困るので、予備にもう一本持っています。

【うれしくて自慢話なんですが】とあるクライアントにプレゼンしたコピーが、プレゼンのその場ですごく褒められたんです! なんか、ものすごく久しぶりに、すっごくうれしかった。新人コピーライターが初めて褒められたみたいにうれしかった。しかも、そのコピーの一部分の「語尾」について質問してくださって、「なぜ、そうしたんですか?」と質問されて。ご説明すると、その「語尾にやられましたw」とおっしゃる。そんな細かいところにまで、気を留めて読んでくださったことが、うれしかった。と同時に、やっぱりディテールに魂が宿るんだなぁと、改めて初心に戻ることができました。

ボクも、コピーライター養成講座で、もっと褒めないとイカンなぁと思ったのでした。だって、こんなにやる気が出るんだもの。褒めてくれた人のためならなんでもやりますっ!って気持ちになるのです。コピーライターなんて単純なんです。ボクだけかもしれないけれど。

これほどまでにうれしかったのは、自分がフリーエージェント・コピーライターとして書いたコピーだったからなのかもしれません。だから、新人コピーライターが褒められたようにうれしかったのかもしれません。

もしもFIFAの会長だったらシリーズ②

選手交代

【もしもボクがFIFAの会長だったらシリーズ②】主審の判定:
選手交代、負傷の治療の時間を時間稼ぎのためには使わせない。試合終了間際、時間稼ぎのための選手交代や、リードしているチームがケガしたフリみたいなことをしても無駄だ、ということを示す。そういう時間は主審が時計を止めるということを両チームに宣言(そして手を挙げるなどして、今時計を止めているとアピール)しておくようにする。第4審判はその時間を計測しておく。

【もしもボクがFIFAの会長だったらシリーズ①】新ルールの制定:

もしもFIFAの会長だったらシリーズ①

IMG_3457-1

【もしもボクがFIFAの会長だったらシリーズ①】
新ルールの制定:
反則により負傷させられた選手がピッチ外で治療する場合、その選手がピッチに戻るまで、その反則を犯した選手(ケガをさせた選手)もピッチ外へ出なくてはならない。→じゃないと、ケガさせられたほうは一人少ない状態で戦うわけで、フェアじゃないから。

【もしもボクがFIFAの会長だったらシリーズ②】主審の判断: