僕たちは、ひとりじゃない。

—————————
思いは、プレーに。

僕たちは、ひとりじゃない。 
You’ll never walk alone.

キリングループは
サッカー日本代表とともに
日本の震災復興を応援します。

2011年 KIRIN 60秒
—————————
東日本大震災の直後、テレビからCMが消えました。公共広告機構のCMしか流れなくなった。そのとき、広告に何ができるのか。キリンの仙台工場も被災して商品の生産もできなくなっていた頃。電通のキリン担当営業が「サッカー支援活動でなにかできないか」と考えました。サッカー日本代表の使える映像を編集して、メッセージはできないか。「サッカーのコピーだから禎さんに書いてもらおう」ということでクリエーティブ・ディレクターのビルド河野氏から連絡をもらいました。

「思いは、プレーに」という言葉は最初にありました。起案した営業が書いた言葉、そのままを使おうと思いました。使える映像は日本代表の試合の映像。そこから「キリンは復興支援をします」というメッセージを伝える。「支援します」を威張るのではなく、被災した人たちに「支援します。一緒にがんばりましょう」と言いたかった。見た人がちょっと元気になってもらえるようなメッセージを送りたかった。企業の自己満足なのかもしれませんが、CMで日本の震災復興を応援します、し続けますと宣言することは被災された人たちにとって大事なことだと思うのです。

震災から1年経っていない頃に流れたコピーです。今見るとそうでもないけど、あの頃オンエアで見た時はじ~んときました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です