コンフェデの21番

カバーニウルグアイ代表カヴァーニ

サッカーを見るとき、つい背番号21番を探してしまう。自分がFCバッカーノで背番号21番だから。その21番の選手が攻撃的な選手だとさらに好きになる。たまにGKのときもあるけど・・・。

jo21ブラジル代表ジョー

FIFAコンフェデレーションズカップ ブラジル2013ではベスト4それぞれの21番が活躍しました。日本戦でも後半から投入されて得点したブラジル代表ジョー、今回はあまり先発がなかったけどスペイン代表ダビド・シルバ、アズーリの至宝イタリア代表ピルロ、3位決定戦で気迫の2ゴール、ウルグアイ代表カヴァーニ。

シルバスペイン代表ダビド・シルバ

ボクは背番号はすごく大切だと思っています。できればいつも同じ番号をつけたい。その番号を見るとその選手を思い出す、そういう番号がいいと思っています。そういう意味で、所属するクラブチームと代表チームで同じ番号をつけられる選手はシアワセだと思います。ユベントスのピルロも、マンチェスター・シティのダビド・シルバも21番をつけている。(ピルロはACミランの時も21番で、ユベントスに移籍しても21番だもんな)

ピルロイタリア代表ピルロ

きっとクルマのナンバーも21番だと思います(ボクがそうだから)。また、居酒屋の下駄箱やコインロッカーもまず21番を探すんだろうな(ボクがそうだから)。日本代表でいうと、2006年アフリカW杯のジーコジャパンのサイドバック、加地が21番でしたね。ガンバ大阪でも21番です。ピルロもシルバも加地も、なんで21番にこだわったんだろう。他に21番にこだわっている選手いなかったかな。なぜボクが、FCバッカーノで21番を選んだか、についてはまた次回の「どうでもいい話」で。

追伸:FCバルセロナのシャビは6番、イニエスタは8番なのに、スペイン代表のふたりはシャビが8番、イニエスタが6番。なんで交換したんだろ? なんで同じ番号にしなかったんだろう?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です