あ、一番搾りだ。

あ、一番搾りだ杏樹CM あ一番搾りだ花紀CM

———————————-
あ、一番搾りだ。

1993年 キリン一番搾り 
———————————-

一番搾りのイメージはできあがりつつありました。緒形拳さん、タンタッカタンタッカの♪ONEという曲、やっと飲めたビールがうまそう、「うれし〜」というひと言。しかし、何かが足りなかった。それが「店頭」でした。量販店店頭で目立つ「何か」が欲しい、とオーダーされたように記憶しています。

料飲店施策には名作「木札」がありました。いまでも焼き鳥屋さんなんかの店頭にある「キリン一番搾り取扱店」という木札、見たことあるでしょ。あれは当時、SP局中西謙司くんの大発明でした。「備長炭取扱店」みたいな、あれです。

で、量販店店頭で目立つ「何か」です。それは「顔」か?それとも「言葉」か?横浜スーパーファクトリーで緒形さんの今年のCMを撮影をしながら、スーパーファクトリーの会議室でクライアント(望月さんも一緒でした。そう、今でいう「しりあがり寿さん」です)と一緒に、翌年の企画打合せをしていました。そこでCMプランナーの木下一郎くんが「あ、一番搾りだ」とつぶやいた。それ、いいじゃない!なかなかできなかったので、半分ヤケクソ気味でした。その場で企画を考えて、横浜スーパーファクトリーのロビーのテーブルを使って、空いているスタジオ借りて、ビデオコンテを即つくったことを憶えています。スタッフ総出です。緒形さんにも出てもらった、贅沢なビデオコンテでした。

花紀京さんと鈴木杏樹さんにも出演いただき、いろんなバージョンを撮る企画となりました。ふたりは一番搾りのタレントとしてまだ日が浅いので、商品名が思い出せないという設定。

白バックにテーブルがある。グラスのビールが置いてある。そこにやってきた鈴木杏樹さんが一口飲んで、「あ!あれだ!あれよ、あれ。あれはいいね〜」と言いながら商品名がでてこない。杏樹さんのセリフに一番搾りの影の声、パウロ・キクチさんの軽妙なナレーションが「そうそう、それそれ。それはい〜よ〜」と間の手が入る。そして「あ、一番搾りだ、です」とナレーションが入る。

花紀京さんは、テーブルのビールを飲んで「あ、あれや。うん、あれあれ。なんやったかいな?ま、ええか。ええことないな。あれやがな」とひとり言を言いながら商品名を言わずに去っていく。そして「あ、一番搾りだ、です」とナレーションが入る。

今度は、白バックのテーブルにビールグラスが2つ置いてある。そこに、花紀京さんがやってきて、まず左のグラスを飲む。「あ、一番搾りや」と言う。次に、右のグラスも飲む。「あ、こっちも一番搾りや。…よかった。」と言って去っていく。ただそれだけ。

かと思えば、今度は緒形さんがやってきて、左のビールを飲んで「あ、一番搾りだ」と言う。次に、右のグラスも飲むと、急に何かに怯えたように後ずさり、怖い顔をして「・・・違う」という。そんな15秒を何タイプも作りました。

結局、本番のテーブルはビデオコンテ以上のものに出会えず、横浜スーパーファクトリーのロビーのテーブルそのまま使ったのでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です