倉本昌弘プロの素振り


倉本昌弘プロの言葉

毎日欠かさず素振りをすること。
素振りをすれば自然と上手くなる。

素振りはボールがないから素直なスイングができる。
それもどんどん振っていけば、無駄な動きがなくなり
合理的なスイングになってくる。
悪いスイングだとどこかに余分な力が入っているもの。
体が上手く回転しないのですぐに疲れる。
それを止めずに振っていけば、クラブの重さを感じて触れるようになる。
クラブを振るのではなく、クラブに振られるスイングが自然なスイング。

家の中でクラブをフルスイングするのは危険なので
マイ練習グッズ、太いビニールホースを振る。
これは畑岡奈紗選手も子どもの頃やっていたらしい。

大事なことは、これを毎日100回。

反省すべきは


ラウンド中の全てのショットをメモするようにしています。

D◎↑(ドライバーがまっすぐナイスショットだった)
S50○大(50ヤード/サンドウェッジ/当たりは○/しかし大きかった)
6I OUT ベアダフ(6番アイアン/林の中のベアグラウンドから出すだけ)
PT10ポ○1m(10歩の距離のパターGOOD/1mに)

家に帰って全ショットを思い出して反省会をするためです。
これは、ゴルフを始めた頃からやっていることで
年に数回しかラウンドできなかったのでメモを見ながら
もう一度思い出しながらラウンドできるのです。

こうして反省会をしているのですが、
そんな自分にガツンとくる言葉がありました。

倉本昌弘プロの言葉

ラウンドに行ってスコアカードを見ながら反省している。
しかし、本当に反省しなければならないのは、その日のラウンドではなく
毎日の、常日頃の練習を怠っていたこと、それを心してほしい。

ごもっとも!です。たしかに!です。
毎日、素振り、します!

偶然の出会い(勝手に師事)

ケーブルテレビのゴルフネットワークで
「プレメン レッスン」といういろんなプロがレッスンしてくれる
短編の番組をやっていて、それを録画して見ようと貯めていたとき。

この人のスイング、綺麗だなぁ。カッコイイなぁ
と思う人がいました。
ツアープロコーチの谷将貴プロでした。

この人のようなスイングになりたい。
だから、谷将貴プロについていくことに決めました。

もう谷コーチ以外の人の話は聞かない。(スイングに関して)
いろんな人のスイング理論を混ぜない。
まずは、この人について行く、と決めました。
谷コーチのスイングに惚れたので
ついて行くことにします。

今の重点課題は、トップの位置です。
レイドオフトップという初めて聞く言葉でした。
トップの時、右腕の手首から肘が地面に垂直になる位置。
これを重点的に練習します。