新しいシューズ

ホイール

新しいシューズ

2000年モデルのキャノンデール F900。当時インターネットのバイク好きが集まる掲示板で知り合った人から、新車同然の時期に購入したものだ。ホイールを替え、タイアを替え、ブレーキを替え、ディレーラーも替え、クランクも替え、サドルも替え、フレーム以外はほとんどのパーツを交換して可愛がってきたバイク。MTBの草レースに出たこともあった。2シーターの助手席に前輪を外して無理矢理載せて、日曜日の大井埠頭に走りに行っていた時期もあった。ずっと室内保管をしていたけど、今の家に引越して来てからはずっと外に置いていた。雨ざらしになっていたのそのバイクは、タイヤは前後輪ペシャンコで、あちこち錆が出始めていて、お気に入りだったマルコ・パンターニのサドルも埃まみれで悲しそうに見えた。「昔はあんなに遊んでくれたのに・・・」と言っているようだった。

幕張F900草レースを走っていた頃

あるロードバイク好きの友達がfacebookにマルコ・パンターニの写真をアップしていた。パンターニはジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランスなどのローレースで活躍し、2004年に亡くなったイタリアの英雄だ。そのモデルのサドルを使っていたことを思い出したのだった。

パンターニ埃を落とした海賊

生き返らせようと思った。
もう一度手入れをして乗ってみよう。

まずタイヤの取り付け。久しぶりなのでできるかどうか心配だったが、できたっ! やっていくうちにだんだん思い出してきた。タイヤを替えただけで生き返ってきた!よし、これから錆びたペダルを替えよう。チェーンも新品にしたほうがいいだろう。ディスクブレーキのパッドも新品に交換しよう。バイクは、乗らなくてもいじっているだけでも楽しめる玩具です。ゼッタイ乗りますけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です