晴れた…サン・アドから電通へ③

一番搾り晴れた1992年の元旦の新聞全頁広告

電通に来ない?…サン・アドから電通へ①
馴染めない問題児…サン・アドから電通へ②

助けてくれたのは一番搾りでした。故・高梨駿作CDがキリン一番搾りのチームに誘ってくれたのです。このチームの打合せに参加して最初に気づいたこと。それは「電通には優秀な人間がこんなにたくさんいるのか!」ということでした。クリエーティブのCMプランナー安西俊夫さんが優秀なのはもちろん知っていましたが、SP局の人間(当時はセールスプロモーション局といって販促施策を考える部署の中西謙司さん)も優秀。マーケの人間(小林くん)も優秀。なにより営業の人間(前田圭一さんをはじめとする第3営業局KIRINチーム)がメチャメチャ優秀。みんな意見が明快で、アイデアは出すわ、決断は早いわ、行動力はあるわ。とにかく「切れる」ヤツらばっかりでした。

「電通にもこんなに優秀な人たちがいるんだ」
「そうか!こういう人たちと仕事をすればいいんだ」

つまり、電通の悪い部分ばかりを見つけようとするのではなく、電通の良い部分を見つけて、そこに自分が行けばいいんだ、と気づいたのです(遅いよ!)ダークサイドばかり見ているとそっちに引込まれる。いい人を見ているとそっちについて行ける。目の前がパッと晴れました。さらにいうとこの一番搾りチーム、CMを制作してくれた菊地誠さん率いる太陽企画チームも全員ナイス、グラフィックの宮田識さん率いるドラフトももちろん優秀でした。このチームの一員になれたことで、だんだん調子を取り戻すことができたのです。(電通の営業の新人も太陽企画の制作の新人も、最初は危なげでもすぐに一人前に鍛えられていくのがわかるほどでした。チームって大事なんですね)

92蝉が鳴く好きに書かせていただいた一番搾りのコピー

そんなある日、親分の仲畑さんが食事に誘ってくれました。赤坂見附のすき焼き屋でした。

「どうや、中村。ええコピー書いてるか?」
「はい、最近一番搾りのチームに入れたので、ぼちぼちです」
「そうか、よかったなぁ。中村は時間がかかると思ってたんだ(馴染むのに)」
「えーっ!知ってたんだったら、早く言ってくださいよー!w
 電通に行ってもいいって
 仲畑さんが言ってくれたんじゃないすかー!もーw」

当時もらった、仲畑広告からの年賀状。そのなかの赤いサインペンの手書きのひと言が忘れられません。

「タダシちゃんも、調子でてきたようで、ヨカッタ。ナカハタ」

やっと馴染んできたうれしさより、親分は心配してくれていたんだということが、涙がチチョギレルほどありがたかったことを憶えています。33、4才頃のコピーライター中村禎でした。(つづくの?)

【参考】
こんなコピーを書きました●晴れた。
こんなコピーを書きました●ビール、ビールと蝉が鳴く。

リンク元 プロフィール キリン一番搾りのチーム

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です