長友さんと一緒に【稀代】#11 サントリーラウンジ「昴」


『中村くん、何ゆうてんのん』なのか、『ふんふんふん』と聞いてくれているのか。何の話をしているのか忘れましたが、長友さんと「稀代」取材の有難いひと時です。
クリネタ34号 Photo by 木内和美

「稀代」(けったい)とは、なんだ?
クリネタおススメの、いい店、おもろい店
ーーーーーーーーーーーー
サントリーラウンジ「昴」
ーーーーーーーーーーーー
「あの人はいろんなお店を、よく知ってるよねぇ」は褒め言葉だ。あらかじめ調べて予約をして、その店に行くのならカンタン。出たとこ勝負で、さあ今からどこ行く?となった時、とっさに数件候補をあげられる男は実に頼もしい。恥かしながら筆者は、とんと疎い。広告業界ではプロデューサーと呼ばれる人たちに、その得意技をもつ人が多い。いろんな店を知っている人たちがいる。その人たちに甘えて育ったせいか、サッパリ私はお店を知らない。こんな時間に、こんな人数で、小腹も空いてて、雨も降ってきて・・・みたいな状況で、ささっと電話し「OKです、行きましょう」と涼しい顔で歩く後ろ姿ほど頼もしいものはない。そんな人に憧れる身としては、今回のケッタイのお店は、知っておいたほうがいいと思った。

新宿三丁目。バーニーズ・ニューヨークの前の角のビルの7階、サントリーラウンジ昴。新宿三丁目に男性数人、女性が1人。みんなお腹も空いているが、落ち着いて飲みたいとき。ホテルのバーほど気取らずに、かといって居酒屋とまでは砕けずに、ちょうどいいデラックスなバーを見つけた。(柴田副編集長によると、ゴージャスという派手さではなく、デラックスという言葉の響きのほうがしっくりくる、という。うんうん、なんか、わかる)バーというよりラウンジかな。ラウンジバーかな。ま、よろし。広いカウンターで、テーブル席も十分あって。後輩数人引き連れて、新宿を彷徨うとき、「昴に行くか」といえる先輩は頼もしい。

これがカウンター

カウンター席に着いて、サントリーオールドのハイボールを頼む。カウンター席のお客さんは、たぶん全員尋ねるだろう、という質問をしてみた。「このカウンターのこれ、何ですか?」長く、しかもL字カーブしたカウンターに黄金色のデラックスな着物の生地が敷き詰めてある。(その上に透明の板)「これ、着物ですか?」と尋ねると、なんと幅80センチの一枚物本友禅が敷き込んであるという。この友禅は、白生地(縮緬)をカウンターの巾に合わせて織り、しだれ桜に源氏車の友禅模様を手描き、手染めで仕上げ、さらに全面に金箔押しをした特別注文品だそうだ。織って、描いて、染めて、押して、なのだ。

「普通の友禅は着物巾(約38センチ)ですが、この友禅は6人の友禅職人が、2ヶ月半かかって仕上げた日本唯一の作品なのです」だそうだ。しかも、こだわりはそこだけではない。この友禅の上に乗せている透明の板はガラスではない。「ガラスだと中の友禅が青みがかって見えるので」という説明。色をちゃんと見てもらうためにアクリルにしたのだそうだ。さらに、この友禅に施された刺繍。この刺繍が浮き出て見えるように、友禅の下に真綿を敷き詰めてあるという。まるで美術館だ。美術館の展示の上でオールドのハイボールを飲んでいる。

美術館のような気がするのには、もうひとつ理由があった。カウンターの中にあるガラスケース。ウイスキーの記念ボトルが飾ってある。厚さ8ミリのガラスには、銀座の古美術商から仕入れた北斎、歌麿の浮世絵がエッチングしてある。うん、美術館の展示室でちゃっかりお酒を飲ませていただいている気分にもなります。ホテルのバーで修業をし、昴がオープンした頃からのベテラン・バーテンダー黒川さんにオールド・ハイボールのお代わりを頼む。
バーテンダー黒川さん

お酒を飲みに行こうかって時は、お腹も空いていることが多い。そんな時、食べ物のメニューが充実しているバーはうれしい。昴の食べ物メニューは写真付き。レストランのメニューのように充実していた。オススメは、霜降りビーフ(軽く炙った薄切りの冷製牛肉で白髪ねぎを巻いて、西洋ワサビ風味特製ソースで)、牛肉と野菜の四川風(鳥の巣造りの揚げたポテト、紹興酒風味)その他、シェフのおすすめは、洋風カニミソバター、ビーフストロガノフ、スモークサーモン、春巻きと唐揚げの取り合わせ、エスカルゴ(殻付きorココット焼き)、ピザ(ミックスorアンチョビ)、姫カレイの一夜干し、特製ステーキサンド。この中に多分それぞれ、常連のお客さんの定番があるに違いない。

あったかい食べ物ある?

そして、何より驚いたのは、ウイスキーの価格設定が低めだということ。お店の内装のデラックスさに比べて、ウイスキーの価格が実にリーズナブル。「スペシャルプライス」と銘打って、サントリー協賛ウイスキーが特別な価格で提供されている。しかもシングルが 「30mlプラス5ml」。ダブルが「60mlプラス15ml」と書いてある。この「ちょいミリリットル足し」というのが、うれしいじゃあ、あーりませんか。きっちり量り売りされるのが普通だけれど、まあいいじゃないのとおまけしてくれる感じ。そして何より、そのスペシャルプライスにする気持ちに「粋」を感じる。「ウチはウイスキーファンに支えてもらって30年やってきました。そのお客様たちがリタイアされた後も、安く飲めるようにしようと思って」ですって。ええ話や。

年寄りは年金がたくさんもらえていいな、若者は年金なんてあてにできないからな、なんていう時代だけど、この昴に通った先輩たちのおかげで、現代の若い人たちもこの昴でリーズナブルな価格でお酒が飲めるのだ。昴に若い後輩たちを連れて行かれる先輩がたは、ぜひこの話をしてあげてください。ただ調子に乗って先輩風を吹かせてしまうと突っ込まれます。「スペシャルプライスは、若い頃、昴に通った人たちのおかげであって、センパイは最近クリネタで知って来ただけじゃないですか」と言われますから。
デラックスでしょ

サントリーラウンジ 昴
東京都新宿区新宿3−29−9 モアビル7階
電話:03-3350-8800 
営業時間 平日17:30 -24:30       
日祭日17:30 -24:00定休日 12月31日〜1月3日以外年中無休
————————————
No.34 (2016年夏号)クリネタ
http://www.crineta.jp

長友さんを偲んで【稀代】①モンド・バー
長友さんを偲んで【稀代】②BAR JADA
長友さんを偲んで【稀代】③ne & de
長友さんを偲んで【稀代】④ Salon書齋
長友さんと一緒に【稀代】⑤抱月
長友さんと一緒に【稀代】⑥EST!
長友さんと一緒に【稀代】⑦赤道倶楽部
長友さんと一緒に【稀代】⑧ボロンテール
長友さんと一緒に【稀代】⑨KOMATSU RESTAURANT & BAR
長友さんと一緒に【稀代】⑩JAZZ BAR直立猿人
長友さんと一緒に【稀代】#11 Jサントリーラウンジ 昴

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

長友さんと一緒に【稀代】#11 サントリーラウンジ「昴」” への1件のコメント

  1. ピンバック: 長友さんと一緒に【稀代】#13 The OPEN BOOK | ぶ厚い手帳:コピーライター中村禎の場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です