プロフィール

禎kaoCDC2005年撮影

1957年10月3日福岡県北九州市門司区生まれ。
18才で上京し、横浜磯子図書館で見た『コピー年鑑』で
広告をつくる職業があることを知る。

成蹊大学在学中に
宣伝会議コピーライター養成講座一般コースへ通い始め、
そこで一回でも褒められたら広告業界を目指す、
ダメだったら別の道を探す、という覚悟を決める。

1980年
J.W.トンプソンに営業職として内定。
新入社員1年目からクリエィティブ局への転局活動を開始。
当時トンプソンの仕事を「自分ならこうする」というCMを
ビデオで撮影し、コピーを書き、会社にプレゼンをする(作戦A)

さらに、他社のコピーライター試験を受け、
その内定通知を束にして人事局に直談判をしようと計画(作戦B)
最初に見つけた求人広告が「サン・アド」だった。
「経験者に限る」という条件を見なかったことにして
履歴書と課題の作文を送る。

筆記試験、面接を経て、サン・アドから内定をもらう。その頃、
トンプソンでもクリエィティブへの移動が確実になったと知らせが入る。
一ヶ月迷って、サン・アドへ。

1981年8月3日
丸の内1−1−1パレスビル9Fに初出社。
「サン・アド 仲畑チーム コピーライター 中村禎」
という名刺を手にする。

1982年
東京コピーライターズクラブ最高新人賞。
誰も起こしてくれない一人暮らし。悪いのは誰だ。アッ僕、か。
アイツは時間にルーズな奴だと思い込まれつつある。マズイ、マズイ。

技術は未熟だが、独特の図太さを持つコピーライターは
師匠仲畑貴志の背中を見て育つ。

リクルート「とらばーゆ」の仕事で
コピーライター、クリエィティブ・ディレクターの経験を積む。
プロの男女は差別されない。
働いているだけではプロにはなれない。

30才が近づき、仕事量の少なさに不安を覚える。
試合に出なければ上手くなれない。

1988年
コピーライター養成講座の講師でもあった岡田耕氏と
大島征夫氏(のちに大島部員となる)から電通に誘われる
電通クリエィティブに初めて「途中入社」という「外部の血」を入れて
クリエィティブ局を活性化させたいと言われ、張り切る。
しかし、環境の違いに馴染めず、異端児。転職失敗か。挫折。

高梨駿作CDからキリン一番搾りのチームに誘われる。
営業からマーケからSPから、チーム全員が優秀。
ここで本来の調子を取り戻す。

1991年
ビール、ビールとセミが鳴く。
暑い暑い世の中で、ビールだけが冷えている。

1994年
普通預金にお金を貯めすぎるのは損ですよ。
お金がないと生きていけない。人間は弱いね。
さくら銀行のコピーで、東京コピーライターズクラブ賞受賞

2000年KDDI合併
がんばれNTT。がんばるKDDI。
No.2だから、ヤンチャできる。
つまんない広告をする企業は、ほぼ、つまんない。
「ジョニーって誰よ」
KDDIのコピーで、東京コピーライターズクラブグランプリ受賞

2003年阪神タイガース優勝。
あ〜しんどかった(笑)
昨日、球場に来られなかった人たちにもありがとう。
星野仙一監督の個人広告のコピーで、東京コピーライターズクラブ賞受賞

その後、キリンのスローガン
おいしさを笑顔に
サッカー日本代表のスローガン
新しい日本を見せよう
を手がける。

2014年
「九州パンケーキ」のオフコマーシャルプロジェクトに参加。
大量出稿、大キャンペーンではないコミュニケーションの可能性を見出す。

そして、2016年。リオ・オリンピックの年。
「電通」の大きな看板を下ろし、「中村禎」の看板で生きて行く覚悟を決める。
フリーエージェント・コピーライター、新・中村禎となる。

 

 


プロフィール” への6件のコメント

  1. 中村様、

    初めまして。過日メッセージを残させて頂いたのですが私のPCのせいで、(訳:私のせい)うまく届かなかったかなと思い、またここに書かせて頂きました。私が学んだのは英会話くらいなので中村様のブログは言葉の勉強になります。どうぞよろしくお願い致します。

    茂木光一

    • 茂木百貨店さま メッセージ届いていますよ。お返事も書きました。このブログ、自分のドメインを取得したのでこっちに引越しています。

      http://baccano21.com/

      よろしくお願いします

  2. 中村さんがサン・アドでリクルートのCM当時、永松P、今村D(元TUCの先輩)にも私はTCJの企画演出になりたてで足立光康君とかなりの刺激を受けました。
    実は私も宣伝会議コピーライター養成講座で山川先生に習い、サン・アドに憧れを持ちつつ、結局30歳でフリーCMディレクターとして茨の道を選びました。縁あってフリーデビューでミキハウスのCMを頂き、幸先よきかと思いきや自己マネージメントの甘さからか中々、日の目を見るのに時間がかかりました。
    中村さんとの新たな接点を持てればと想っております。宜しくお願い致します。

    • 石川史郎さん、コメントありがとうございます。そうですか!山川先生に。ボクも一般コースで山川さんの授業受けて、ノートが残っています。アイデアの出し方についてのお話でした。こちらこそよろしくお願いいたします。facebookもやってますので、そちらでも。

  3. 玄光社「コマーシャル・フォト」編集部の荒井です。連絡先を存じ上げないのでこちらに送らせていただきます。
    9月8日(木)18時~ 弊社4階会議室にて
    http://www.genkosha.co.jp/company ←地図
    11月15日発売の12月号分のマンスリーアドバタイジングという
    グラフィック広告の審査会を行ないます。

    このセレクターを中村禎さんにお願いできないでしょうか。

    中村さん以外のセレクターはお二方にお願いしております。
    アートディレクター:松永美春さん(電通)=打診中
    フォトグラファー:伊藤彰浩さん(14才)=打診中

    ご検討のほどよろしくお願いいたします。

    • お声がけありがとうございます。
      しかし、9月8日(木)はすでに過去でございます。
      このメッセージは9月13日 18:32 に頂いております。
      10月?でも8日は木曜じゃないですしね・・・。
      どうしましょう。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です